プーアール茶.com

巴達章朗青餅2009年 その3.

製造 : 2009年10月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山章朗寨古茶樹
茶廠 : 農家+孟海県の茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 紙包み+密封
茶水 : 京都御所周辺の地下水
茶器 : 小さめの蓋碗

お茶の感想:
お茶づくりは可能性の追求。
昔の職人が、
「もしかしたら」と疑ったり、
「もっとやれる」と反省したり、
完成を許さずに一歩一歩の歩みを続けてきたからこそ、百花繚乱の多様性が今日の中国茶にあるのだと思う。
巴達章朗青餅2009年プーアル茶
巴達章朗青餅2009年プーアル茶
巴達章朗青餅2009年プーアル茶
このお茶『巴達章朗青餅2009年』は、もう何年も前に卸売部で販売したお茶。
翌年2010年春には同じく巴達山の別の山である「曼邁寨」の古茶樹でつくったオリジナルのお茶がある。
【巴達古樹青餅2010年】
巴達山には「章朗寨」と「曼邁寨」に古茶樹がある。
やや品種が異なる。
「章朗寨」は古来からこの地に古い品種で、茶葉が大きく茎が太く育つ。典型的な雲南大葉種。それに対して「曼邁寨」は300年ほど前に外部から持ち込まれたと推測されており、ちょっと小さな葉に育つことから「中葉種」と近年は呼ぶようになった。
「曼邁寨」の中葉種のほうが香りも味も良いと思ったので、2010年のオリジナルは「曼邁寨」を選んだのだが、もしかしたら熟成がすすむと「章朗寨」の大葉種のほうが魅力的になるかもしれない。また、大葉種には野性味があり、アク味も辛味も強いために、もしかしたら春よりも秋の旬のほうが飲みやすいお茶になるかもしれない。この可能性を考えるために、『巴達章朗青餅2009年』をサンプルとして残している。
今回は一煎めの一杯を残しておいて、二煎・三煎・四煎と進めて比べてみた。煎をすすめるほどに茶葉に熱が通って変化する。何煎めくらいで味のバランスが良くなるのかを見て、次回この種のお茶を手がけるときの参考としたい。
二煎め
三煎め
四煎め
五煎め
六煎め
七煎め
七煎め
五煎め・六煎めくらいが安定して、味のバランスもよい。
やはり中葉種に比べて大葉種はやや遅めの煎で安定する。
大葉種は物理的に茶葉が大きく、厚みがあり、茎も太いので、殺青の火の通りが浅く仕上がるのかもしれない。
このことが間接的にアク味や辛味を強く残す結果となるのかもしれない。
次回は中葉種と比べてみる。

ひとりごと:
まったく別の山の古来からの大葉種。
『弯弓古樹青餅2014年・複樹プーアル茶』(卸売部に出品中)
弯弓古樹青餅2014年・複樹プーアル茶
弯弓古樹青餅2014年・複樹プーアル茶
弯弓古樹青餅2014年・複樹プーアル茶
これについては三煎めあたりのバランスが良い。
比較的しっかり火入れしてある。

巴達章朗青餅2009年 その2.

製造 : 2009年10月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山章朗寨古茶樹
茶廠 : 農家+孟海県の茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納ータイ・チェンコーン 密封
茶水 : チェンコーンの水道水・浄水器・大甕
茶器 : 小さめの蓋碗
メコン川
メコン川
メコン川
メコン川
メコン川

お茶の感想:
川の引力のせいで気分が晴れない。
体も重い。
こんなときはチョコレートしかない。
巴達章朗青餅2009年
先日からちょっと気になっているこのお茶を淹れる。
『巴達章朗青餅2009年プーアル茶』。
巴達章朗青餅2009年プーアル茶
餅面(固形の茶の表面)を見ても、葉底(煎じた後の茶葉)を見ても、雑としか思えないような粗末な技術で仕上がっているのに、この魅力。
もしかしたら、雑な製茶じゃないとこの魅力は出ないのじゃないのか?
思い当るところがいろいろある。

ひとりごと:
川を渡るボートがゴン!と、
なにかにぶつかったらしい。
後方に巨大なナマズが浮いた。
その大きさたるや、人が溺れているのかと思ったくらいだ。
川の人はすぐに飛び込んだ。
ナマズは脳しんとうでフラフラになっても、尾びれの一撃は強烈で、人をなぎ倒す。
倒されてもまた飛びかかる。
船着き場のある川岸からはみんなの声援。
格闘の末、怪物が陸に上がった。
メコン川のナマズ
メコン川のナマズ
メコン川のナマズ
もちろん食べられる。
市場に売られていった。

巴達章朗青餅2009年 その1.

製造 : 2009年10月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山章朗寨古茶樹
茶廠 : 農家+孟海県の茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納ータイ・チェンコーン 密封
茶水 : チェンコーンの水道水・浄水器・大甕
茶器 : 小さめの蓋碗
メコン川の宿
メコン川の宿
メコン川の宿

お茶の感想:
ベッドからメコン川が見えるようにして寝たら、
夜明けにそっと起こしてくれる。
朝いちばんのお茶は、『巴達章朗青餅2009年』。
以前に製茶専業の農家から何枚か求めてアウトレットで売ったことのあるお茶。
サイトには記録がない。
巴達章朗青餅2009年プーアル茶
巴達章朗青餅2009年プーアル茶
白檀の香り。
仏教の薫り。
やっぱりそうか・・・・。
ま、これからだ。
ひとつひとつ出会ってゆこ。

ひとりごと:
ソムタム(青パパイヤサラダ)
蟹入り。
貝の発酵醤油入り。
唐辛子は1本だけ。
朝の屋台でソムタムを売るお姉さんは、100円もしないこのサラダを、オーダーしてからじっくり丁寧につくってくれる。忙しい人には無理。
ソムタムソムタムソムタム
愛のある食べものは、
人間の尊厳を守る最後の砦だ。

1

茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM