プーアール茶.com

易武単樹青餅2014年・秋天 その4.

製造 : 2014年04月12日
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山老街古茶樹の単樹
茶廠 : 易武山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納 紙包密封
茶水 : タイ・チェンマイの水道の濾過・瓶入れ
茶器 : 白磁の蓋碗小
アンティークショップ
ラオスの織物
タイシルク
タイシルク
タイの織物カレン族

お茶の感想:
タイに来ている。
北部のチェンマイとチェンコーンと、なじみの場所をうろうろして、ヨガしたり、お茶したり、酒盛りしたり、読書したり、昼寝したり。
今回のメインは、タイ・ラオス・ミャンマー・ベトナム・雲南のつながった山岳地帯の少数民族のアンティークの織物とアクセサリー素材の調達。
アンティークと言ってもせいぜい10年前から数十年前のものだが、近年になってこれらの「美」が失われゆくのを目の当たりにしているので、ちょっと急いでいる。
2004年にプーアール茶の老茶(1980年代以前の)を集めた時と同じような状況になっている。
自然素材。色合いや模様のデザイン。織り縫いの手の仕事。
こういうのを受け継ぐのが難しくなったのは、山の人々の生活の変化に原因がある。山奥の村に電線が引かれて、家でテレビを見て、携帯電話を操り、バイクやクルマを買ったり、山では大事な労働力の子どもを都会の大学に行かせたり。経済社会への参加がはじまり、移住の生活から定住の生活へと変化する。山は地球のもの、みんなのものだったのが、区画整理されて、誰かのものであるとする所有の概念が植え付けられる。
電気による明かりの無いところで育った山の人々の眼がとらえた光や色彩。美しいと感じるデザイン。霊感の働く天然のアーティストたちによる仕事が年々消えてゆく。
テレビを見て育った山の人々はその感性を失っている。本人たちは気付いていないようだが、現在市場で売られている手作りの品々には化学繊維や化学染料の使わたのが多くなり、色彩や模様に昔のような落ちついた趣は無い。たとえ自然素材が使われていても、手の仕事に緻密さが無い。
時間をかけて手間をかけてモノをつくることに込められたなんらかの意味を失い、土産物をつくって収入を得るためだけのモノになりつつある。
ラオスの織物布団
ラオスの織物帯
タイの織物
タイシルク
タイシルク
ミャンマー織物
ミャンマーの織物
昔の人の感覚の色合いや模様。素材の質感。これらには我々がまだ認識できていない言語が記録されていると考えている。山の霊や宇宙の意志と交信する言葉。
お茶と同じで、頭では理解できないかもしれないが、身体の内側にある自然がなにかを感じ取り、勝手に交信するはずだと思っている。
そして、都市生活をする近代の人々にはこれがないと生きてゆけないと、大げさに言えばそう思っている。近代化が進んだ大都市ほど美術館や博物館が充実しているのは、そういうことではないだろうか。
いずれは売るつもりだが、しばらくは当店のお茶の試飲会をするときにお披露目しようと思う。産地の民族の文化として共通するなにかが、お茶とともに伝わるだろう。
言葉でなにかを伝えるよりも、見たり触ったりしてもらう。
知ってもらうよりも、感じてもらう。
ところで、
チェンマイで小さな静かな隠れ家のような茶館を見つけた。
そこを借りてお客様と交流した。
そのときのお茶。
+【易武単樹青餅2014年・秋天】
易武単樹青餅2014年・秋天
易武単樹青餅2014年・秋天
易武単樹青餅2014年・秋天
茶気の穏やかな秋のお茶。
心が浮き上がるような春に対して、沈んで心地よく眠りたくなるような秋の生茶。
茶館のオーナーの女性に、
「チェンマイにはお茶の愛好家は何人くらいいるのですか?」
つまり、上質なお茶にお金を掛ける人はいるのですか?
僕が定期的にここに来て、お茶を販売するほどの需要はあるでしょうか?
と、そんな意味での質問だったが、
「3人か4人かな。」
と即答された・・・。
チェンマイは美術館や博物館が充実するほどの都市ではないのだ。人々はのんびり豊かに生活しているから、お金がないかわりに、お茶にとくべつなものを求めなくても生きていけるのだ。
チェンマイ雨バナナの葉
お寺の仏様
チェンマイのカフェ
お寺の門の彫刻
手作り石鹸
チェンマイの雨
夜の市場
チェンマイの川
チェンマイの夜
The North GateのJAZZよかった。

ひとりごと:
チェンコーンでは、
やっぱり川を見ている。
メコン川
メコン川
メコン川
メコン川
メコン川
小鳥


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM