プーアール茶.com

刮風寨古樹紅茶2015年・秋天 その1.

製造 : 2015年10月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)刮風寨
茶廠 : 瑶族の製茶場
工程 : 紅茶
形状 : 散茶
保存 : プラスチックバッグ密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター 
茶器 : 白磁の蓋碗
刮風寨
刮風寨
刮風寨
刮風寨
刮風寨
刮風寨

お茶の感想:
刮風寨(gua feng zhai)へ行ってきた。
雲南省西双版納孟臘県の旧六大茶山のひとつ漫撒山にある。
一扇磨・弯弓・刮風寨、この3つの地域はひとつの広大な国有林でつながっている。原生林の残る山と谷の複雑な地形が特殊な生態系と気候を形成している。
かつて100年前まではお茶どころとして栄えた時代があったが、現在は人里離れた深い山である。
明末期1600年代後半から清代末期1800年代後半までのプーアール茶が貢茶(国が転売して稼いだ)だった時代に、刮風寨の山にも農地があったはずだが、その茶葉を利用して餅茶に加工した製品をつくっていた易武老街の民間の茶庄の廃止(1950年頃、国民党排除の意図もあったらしい。)により、易武山全体の産地の衰退がはじまってからは、生産がストップした農地が多い。
刮風寨
瑶族
刮風寨も弯弓と同じくこの土地のお茶づくりに古い瑶族のテリトリーにある。裏山はすぐにラオスが迫っていて、ラオス側には清代から徐々に移り住んだ瑶族が多くいる。茶摘みの季節になるとその人達が山を超えて中国側へアルバイトに来る。もちろんパスポートなどない。現在も山から山への移住生活を続けているから、山は「国」という歴史的にはまだ新しい概念に属してはいない。地球に属している。
外地からの投資による新しいお茶づくりの体制が入りにくい。たとえ瑶族と土地を借りる契約をしても、国の法律はこれを保証できない。そもそも国有林は個人が所有できないからだ。瑶族は自然の一部である。所有の概念で農地を所有しているわけではない。ビジネスが通用しないのだ。
この環境もまた自分にとっては好都合だ。
刮風寨
刮風寨の山は険しい。
青空に槍に突き上げたような急角度の峰々と、下を見ると地獄まで続いていそうな深い谷底に足元がすくむ。原生林の森は太陽光線のとどかない黒い影をつくり、子供の頃に味わったような怖さを覚える。
刮風寨へ車が入れるようになったのは3年前。バイクが入れたのは10年前。お茶どころとしては寂れていたこの100年くらいの間も、刮風寨の瑶族は季節になると森に入って細々とお茶をつくっていた。
刮風寨の山に向かう道中に位置する易武山麻黒村にその毛料(毛茶とも呼ぶ天日干し緑茶のこと。)が売られていた。馬やロバや人の背中に茶葉を乗せて運んだのだろう。
麻黒村の農家がそれを転売した。麻黒村のお茶が有名になったのは実は刮風寨の美味しいのが混じっていたからではないのか?という説もある。
現在の価格は逆転している。
刮風寨の茶葉は西双版納孟臘県ではもっとも高価になる。相場などない青天井のため、麻黒の古茶樹の10倍以上するものもあるが、その価格にはちゃんとした理由がある。森の深さによる入手の困難さや、旬の時期の産量の少なさや、それに費やす人件費が織り込まれて、中間業者を介さずに瑶族の農家と直接取引をしたら無駄のない値付けであると納得できる。希少価値なんて不確かなものが介入する余地はない。
ただ、その見極めは難しい。
刮風寨の早春の毛茶の産量は、近年新しく苗が植えられた新茶園のを合わせると全体で何十トンにもなり、さらにその倍以上が外地から夜道を運ばれてくる。ほんの数百キロと推測するホンモノの森の古茶樹の毛茶に出会うのは、宝くじを当てるくらいの運がいる。どうしてもホンモノが欲しいのなら、森へいっしょに入って茶摘みの現場に参加するしかない。望むところだ。
まず、ホンモノの茶葉を見る前に、まずホンモノの森を見るのが難しい。
今回も刮風寨の村に入る悪路で車のタイヤが同時に2つパンクした。
刮風寨
悪路にピョンピョン跳ねる車の中ではお喋り厳禁で、舌を噛まないよう奥歯にチカラを入れないといけない。1時間ほどそれが続くと顎の筋肉が疲れる。
昨年は広東の愛茶人がこの悪路にアタックしたが、道半ばにして車が動かなくなり、易武山の修理工場に助けを呼んだ。刮風寨の道中ではいつも坂に負けて動かなくなった車やバイクを見かける。
古茶樹の群生地帯は村から車で半時間。そこからさらに徒歩で2時間半かかる。往復するだけで1日がかり。旬の短い期間にこの森へ入るには覚悟がいる。
今回は、雨の日が多くて秋の旬とは言えないコンディションで、あくまで下見ということになるが、温州の熱心な愛茶人に誘われて、森のお茶を摘んで自ら紅茶つくって試すことになった。
ちょっと話がそれるが、温州といえば「温州みかん」が思い浮かぶが、中国国内では投資家の産地でもある。繊維産業で稼いだ資金をもとに国内・国外でハイリスクな投資に挑んで世間を騒がせた時期があった。サブプライム問題の時は自殺者が多く出て世間を騒がせた。ちょっとヤンチャな投資家のイメージがあるが、温州の愛茶人もその血を引いているのか、本業はミャンマーの金鉱開発というカタギには縁のない仕事をしている。今回の足となった4駆のピックアップトラックは他人から借りた新車だったが、たとえ刮風寨の悪路で壊れても「金で解決してやる」というサッパリした覚悟に、参加者みんなは安心できたのだった。自分よりも7歳も若いのに、礼儀正しく穏やかな人柄で、周囲への気配りもできる。どこでどんな苦労をしたらそんなふうになれるのか、それとも生まれつきなのか、道中で考えさせられた。こういう人との出会いは自分を磨く機会になる。
刮風寨茶坪
刮風寨茶坪
刮風寨
茶坪
刮風寨茶平
刮風寨茶平
話を戻そう。
刮風寨周辺の山は広いが古茶樹の群生地帯は2箇所。
「茶王樹」と「茶坪」と呼ばれる森にある。今回は「茶坪」に入った。「茶王樹」へも行きたかったが体力的に限界だった。次回にチャレンジする。
「茶坪」へは歩いて3つの峠と3つの谷を超える。行きは上り坂が長く帰りは下りが長いので、比較的楽ではあったが、傾斜のつづく小道には石が多くて、それが夜露で濡れて滑るので、登山ステッキなしでは何度も転けて怪我をしただろう。
小道の藪から赤と黒の斑の蛇が飛び出してきてみんなをビックリさせたが、あっと言うまもなく瑶族の老板が木の杖で撃退した。1メートルちょっとある毒蛇だった。次回は血清を持って来ようと広東人は言うが、この地域の毒蛇には1リットル分の血清が必要と聞いたことがある。病院にもそんなの常備していないので死ぬしかない。望むところだ。
刮風寨の谷
クワズイモ
クワズイモ
毒蛇だけじゃない。原生林は緑の悪魔。棘や毒のある植物、蟻や蜂、みんなが協力して、あらゆる生きものが足元で土になるのを望んでいる。都会の人から見る弱くて守るべき緑とは立場が逆なのだ。ここへ来たら人間がエライなんて考えはなくなる。
茶坪の古茶樹の群生地は2008年に見つけられた。
狩猟のために山に入っていた瑶族の老板が、川伝いに歩いていたときに偶然出会った。この辺りに茶樹の群生地があるらしいことをお爺ちゃんから聞いていたので、すぐにそれだと分かったらしい。4軒の農家と土地を分けて、道をつくり、密林を間引いて茶樹に光を与え、小屋をつくり、まともに茶摘みができる農地となったのは2010年から。折しも古茶樹の価格が高騰しはじめたタイミングだった。
こうして100年以上も眠っていた茶樹からふたたび茶葉が摘まれて、森のお茶が世間に姿を現すことになる。
刮風寨茶平
刮風寨茶平
刮風寨
刮風寨茶平
刮風寨茶平
刮風寨
刮風寨
刮風寨
刮風寨茶樹
刮風寨茶樹
この農地は海抜1400メートルにあるが、野生の芭蕉の林が茶樹のすぐ下の斜面にまで迫っている。一般的にはここまで水気の多いところは茶樹の育成に向かないのだが、西双版納の森は違う。もちろん水はけのよい土質ではあるが、それ以外に、温暖な気候とその特殊な生態系との複雑な因果関係により、茶樹をとりまく排水力に想像を超えた能力があるのではないかと推測する。
この特殊な環境で特殊に進化した品種。葉が大きく長く育つ原生種の葉の表面はまるで油を塗ったように輝き、暗い森の中で銀色に輝く。この光を見ると、茶樹はなにか特別な存在であると思えるのだ。
刮風寨古樹紅茶2015年
刮風寨古樹紅茶2015年
刮風寨古樹紅茶2015年
ちょっと長くなったので、製茶のことはつづきに書こうと思う。
お茶の味については書くまでもないが、これまで飲んだ中でいちばん美味しい紅茶ではないかと思う。森に入って見てきたからそう思えるのかもしれないから、冷静に当店でいちばん美味しい紅茶とも比べた。
このお茶。
+【漫撒陰涼紅餅2015年】

ひとりごと:
紅茶はプーアール茶のカテゴリーではないのでは?
という疑問があるかもしれないが、西双版納の森を表現するには、生茶よりも天日干しで仕上げる紅茶のほうがよりシンプルでストレートになる。お茶の味に織り込まれている茶摘み時の茶葉のコンディションや製茶時の天候などがよりダイレクトに現れる。
生茶は火入れの工程、つまり人の手の仕事が間に入って霞むのだな。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM