プーアール茶.com

帕沙古樹紅茶2015年・秋天 その1.

製造 : 2015年 10月
茶葉 : 雲南省西双版納各朗和帕沙山古茶樹
茶廠 : 愛尼族の農家
工程 : 紅茶
形状 : 散茶
保存 : プラスチックバッグ密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター 
茶器 : 白磁の蓋碗
西双版納の山
帕沙山
帕沙山
(道端に古茶樹の大木がある。)

お茶の感想:
帕沙山へ行ってきた。
以前に写真ページで紹介している。
+【帕沙山 古茶樹 写真】
今回もまた温州の愛茶人に誘われて古茶樹で紅茶をつくってみた。
先日の刮風寨とは違って、製茶の半分は持ち帰ってから仕上げた。鮮葉を現地で日光萎凋させて、それを竹籠で持ち帰って、温州人のアパートで揉捻・軽発酵・翌朝から天日干し乾燥という流れになる。
帕沙山も道の悪いところで、日帰りすると行って帰るだけの道中にほとんどの時間を費やす。現場に滞在できる時間が短い。なので愛尼族(アイニ族)農家に電話して、朝から茶摘みをしてほしいと頼んであった。しかし、行ってみると収穫はほんの少し。5人ほど茶摘みに出たが、摘むのに適した大きさに育った葉が少ないらしい。
今年の秋はどうも天候と茶葉の育ちとのタイミングがうまく噛み合わない。
紅茶づくりは現在ほとんどの業者が機械乾燥している。電動の扇風機の付いた萎凋台も備えている。これなら雨の日でもかまわず収穫して製茶できるので産量は稼げる。しかし、やはり天日干しのスカッとした爽やかさには敵わない。一度その味を知ると、機械乾燥モノは飲みたくなくなる。
気持ちの問題かもしれないが、気持ちの問題を重視するのがお茶なのだ。わけのわからない価値にお金を払うのが嫌と思える人には向いていない。
帕沙山
(向かいが南糯山)
帕沙山
愛尼族
愛尼族
愛尼族
愛尼族
現在は愛尼族の山になっているが、もともとは布朗族の山。布朗族は孟海県のこの辺りでお茶との付き合いが一番古い民族とされている。数百年前に布朗族がどこかへ引っ越して、愛尼族が住み着いて、帕沙山のお茶どころを受け継いでいる。布朗族と愛尼族はよく似ているが、移住から定住へと生き方を変化させたのは愛尼族のほうがやや早かったのではないかと、この地域の人たちを見て思う。定住生活をしたほうが豊か(今ふうの見方による豊かさ)になり、また外部との交易にも精通できる。早い話が、愛尼族ならわれわれの話が通じるが、布朗族には通じない。感覚が違う。生き方が違う。もっともこれは一般的なことであって、アメリカの有名大学に留学する布朗族もいるのだから、例外はある。
布朗族の古茶樹
布朗族のつくってきたお茶どころは特徴があるので、ぱっと見てすぐにわかる。
1.盆栽のごとく歪曲した茶樹の枝ぶり
2.村のすぐ側に古茶樹の大木がある
3.瑶族のお茶どころに比べると茶樹が密集している
布朗族のお茶
布朗族のお茶
布朗族のお茶
布朗族の山の古茶樹は、西南シルクロードを伝って運ばれ(茶馬古道とも呼ばれる)四川・青海・西藏・インド北部・ネパールの高原の遊牧民族の生活を支えてきた。そのお茶は摘むのじゃなくて折るのだ。たくさんの葉をつけた枝ごと折って収穫する。それを長い年月繰り返されると、枝は歪曲して盆栽のようになる。自説であるがたぶん正しい。(1980年代以前はプーアール茶などつくったことがないという事実を、孟海県としては知られたくないらしいのであまり大きい声では言わない。茶文化の息の掛かったプーアール茶は、孟臘県易武山一帯の茶葉だけが原料となったもの。)
このようなので、村からなるべく離れた森の中の茶葉を求めた。
人里に近い茶葉はダメ。これもまた気持ちの問題かもしれないが、それを裏付ける経験をいくつもすると、そう信じたくなる。わざわざ人里離れたところの茶葉を求めるために時間や労力や費用をかけて、お茶の価格を上げていると疑いたくなる消費者には向いていない。
果子
古茶樹
古茶樹
布朗族の古茶樹
古茶樹
古茶樹
西双版納の雲
(この季節の空気は澄んでいて昼の青空に白い月が見える。)
そして次の日。
雲南古樹紅茶
雲南古樹紅茶
雲南古樹紅茶
あまりに少量だったから、揉捻もひとりでできるでしょ!ということで、温州人がひとりでほぼ徹夜で製茶して完成した。
収穫量が少なかったこと以外は、けっこう理想的にトントンとうまくいったように思えた。その割に今ひとつ冴えない味になった。ま、そんなものだ。
試飲に数人参加したが、誰ひとりその事実に異論を唱えなかった。
厳しいな。
ただこういう場合、われわれは天気のせいにする。例えば、茶摘み前にちょっと雨が降ったのが悪かったのだとか、なんとでも言える・・・。

ひとりごと:
銘茶は美人。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM