プーアール茶.com

刮風寨茶王樹古樹青餅2015年・秋天

製造 : 2015年10月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)刮風寨
茶廠 : 茶王樹の製茶場
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : プラスチックバッグ密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター 
茶器 : 白磁の蓋碗
瑶族の炙り茶
瑶族の炙り茶
瑶族の炙り茶
瑶族の炙り茶
瑶族の炙り茶

お茶の感想:
「人間とお茶の関係は、クスリとしての利用からはじまって、長い歴史を経てだんだんと味が求められるようになり、実用品から嗜好品へと変化していった。」
お茶の起源にふれた本にはだいたいそんなふうに書かれている。
その説明からは、人間の側の生活なり精神なりの変化があったことが伺える。また、お茶づくりの技術的な進歩も想像できる。
しかし、その逆の理由があったかもしれない。
人間がお茶という植物に近づくにつれ、野生から栽培の植物へと変化するにつれ、クスリとしてのチカラを失っていった。薬草という立場では居られなくなって、飲料という立場に降格した。
野生と栽培の中間にある森のお茶を追いかけるうちに、そんな観点が見えてきた。
(森のお茶については前回の記事を参照。)
森のお茶に求めるのは、味や香りよりも口感・喉感、そして体感。
森の深さ、生態環境の良し悪し、茶樹の健康を証明する長寿、茶摘みによる茶樹の疲労度は、そこに現れる。
この追求においては、瑶族と山に入って休憩中に飲む炙り茶(成長した茶葉を枝ごと折ってきて焚き火の遠火で炙って、茶葉だけちぎってヤカンで軽く煮る。)というカンタンな製茶で十分。口感・喉感・体感の上等を評価することができる。
製茶技術の成熟は必要ないどころか、むしろ邪魔かもしれない。
生茶のプーアール茶の製法が、いまだに技術を凝るのを避ける傾向にあるのは、素材の上等を求める価値観に基いているからだろう。近年は西双版納でも製法を凝った新しいお茶づくりが試されているが(例えば白茶の月光白とか)、そういうのはあまり素材を重視しない傾向にある。
栽培化のすすんだ茶樹ほどクスリとしての価値は下がる。
クスリというと、現代は西洋医薬的な価値観がこの言葉に浸透していて、なんらかの明確な機能を数字で証明しなければならないような印象を持つが、お茶のクスリはそうじゃないと思う。山の霊気をそのまま体内に取り込むような、まさしく霊薬としてのクスリ。別にどこか体に悪いところがなくても飲んでおきたい気がするクスリ。悪いところを治すのではなくて、悪くならないのが漢方における上薬。
霊薬という言葉が胡散臭く聞こえるかもしれないが、それは、みなさんの受けてきた教育に偏りがある為と、ほんとうに霊薬といえるレベルのお茶を飲んだ体験がないからだろうと思う。
山の霊気に身体が反応する。飲めば誰にでも感覚的にわかる。優れた音楽を聞けば、誰にでもそれが優れていることが感覚的にわかるのと似ている。音楽にもまた霊薬に相当するレベルがあるだろう。
刮風寨茶王樹古樹青餅2015年・秋天プーアル茶
森のお茶を狙ってつくる茶商のひとり「老孟」 lao meng(そういうニックネームの人)が、秋のお茶づくりを終えて山から降りてきた。
今日はそのお茶。(この記事の投稿日よりも少し前の11月18日のこと)
『刮風寨茶王樹古樹青餅2015年・秋天』
刮風寨茶王樹古樹青餅2015年・秋天プーアル茶
いったん餅茶に加工したのを崩して飲んだ。
山に10間泊まり込みでたったの7キロ。今年の秋は天候が悪くて、新芽・若葉の成長するタイミングと、晒干が一日でスッキリ仕上がる天候のタイミングと、ピタッと合ったのは2日か3日だったらしい。
刮風寨の「茶王樹」の森のお茶は、前回訪問した「茶坪」の森のお茶に比べると味が若々しい。ちょっと渋味・苦味があるが、その分香りが強い。
秋のお茶にしては耐泡(煎が続く)があって、心地よく飲み続けられたが、やはり水味がある。采茶する前日に雨に振られた味が、製茶後の完全に乾燥した茶葉にもまだ残っている。今年の秋に水味の無いお茶は無い。これは技術では誤魔化せない素材の言葉。山の言葉。地球や太陽が周回する暦の言葉。
もちろん口感と体感は上等で、ずっとこのお茶だけを飲み続けたいと思える。心地よい茶酔いが続いて、茶気の当たりは穏やかで、神経が高ぶって眠れなくなるようなことはない。
やはり森のお茶としての性質を重視して、深い森の半日陰を選んでいるらしい。
刮風寨
刮風寨
老孟は自分よりも歳は若い30半ばだが、森のお茶を狙ってつくることにおいては2年ほど先輩になる。いろいろ知っているので、今年もっとも気になっていたことを聞いてみた。
「なぜ弯弓の森の古茶樹は、今年は美味しいお茶に恵まれなかったのか?」
(弯弓の問題については過去にこの記事を書いている。)
老孟はひとことで答えた。
「摘みすぎでしょう。」
ズバリそうだと思う。人気が出てよく売れるから、瑶族の農家が森の木々を伐採して、茶樹に太陽の光を当てて、収穫を増やしたのだ。結果、摘みすぎになる。
「栽培」に近付いた茶樹から霊気が逃げてゆく。口感・喉感・体感にそれが現れる。
茶樹の疲労が回復するには早くて3年、遅くて5年と思っていたけれど、この文章を書きながら、森の回復には亜熱帯性気候に恵まれているといえども10年はかかる事実に気が付いた。
何百年の長寿を誇る植物である茶樹のタイムスケールからしたら、10年はたいしたことない時間かもしれないが、人間の僕らには長い。さらにこの先10年も弯弓の古茶樹に需要がなくなって森が回復したとしての話なので、現実的に自分が生きているうちに霊薬は戻らない可能性もある。
あと一年、あと一年、森に入る体力が年々衰えてゆくのを足腰の節々に感じて、奥歯にチカラが入る自分にとっては、けっこう重い現実だ。

ひとりごと:
西双版納州景洪市に2010年からアパートを借りて住んでいるが、5年目の秋になって引っ越しした。この2週間ほどはそれで忙しかった。
西双版納のゴルフ場
西双版納のゴルフ場
同じ市内で仮住居ではあるが新開発区の新しいマンション。16階建ての16階。メコン川沿いで、開発区の中心となるゴルフ場を下に見る。ゴルフをする人なんてひとりも居ない地域だが、別荘的利用をアピールして、北京や上海の人が買っている。転売を目的にしているオーナーが多いので、実際に住んでいる人は部屋数の4分の1にも満たない。そこが良い。
農業市場のすぐ隣の、言わば下町のど真ん中から街の外れに移ったので、生活の面でいろいろ不便になるが、賑やかなところから静かなところへ、環境の変化がもたらす効果に期待したい。中国で人の多いところは、人の数だけトラブルも多くて、それから開放されるだけでも気分が良い。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM