プーアール茶.com

茶学・水を制する

手のひらにのるほどの小さな茶壺をあやつって、もっと小さな杯へ茶を注ぎ分ける。
それだけなのに度胸が試される。
茶学
水は、やさしい動きでないと荒れる。やさしすぎてもだらける。
お茶の味もまたそうなる。
水に勢いやチカラを与えるには、重力を利用する高さと手のスピードがいるけれど、チカラが入って硬くなると跳ねて散る。柔らかな動きで小さな茶壺や杯の中いっぱいに渦巻く流れをつくるその加減は、誰もが子供の頃から経験していることだから、小さな茶壺と杯を見ただけで直感的に慎重と大胆の綱引きになることを悟るだろう。
慎重な人は大胆を心がけ、大胆な人は慎重を心がける。どちらにしてもギリギリを攻めないとツヤツヤした水質のお茶にはならない。
だから緊張するべし。
茶学では、水をいくらでもこぼせる受け皿のある茶盤を使わずに、こぼれると気になる平たい板を使う。ときには机の上そのままや、布を一枚敷くだけにする。
一滴もこぼさないよりも、ちょっとこぼすくらいの勢いがほしい。こぼしすぎると淹れ手の乱れが現れる。
そんなこと、言われなくてもみんな自分でわかっている。
茶学
水を制するのは、自分を制する技術でもある。

関連する記事

茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM