プーアール茶.com

茶学・水音を聞く

チェンコーンのメコン川
チェンコーンのメコン川
チェンコーンのメコン川
水音を聞く。
茶学の参加者みんなで聞く。
水音を聞くときはだれでも静かになれる。心地よい音楽のように、外側に向いていた意識が自分の内側に戻ってくる。
心がシンとなって、お茶の余韻を味わう準備ができる。
古池や蛙飛び込む水の音
また、リズムもそこに発生する。
茶壺から杯へ落ちる水滴のポトポトや、杯から杯へと注ぎ分ける一瞬の間がつくるリズム。
聞こえる効果と、聞こえそうで聞こえない効果と、どちらもあるからお茶を淹れる人が水音を立てるか立てないかは自由。また、偶然が作用してなかなか思い通りにはゆかないのが現実。
けれど、意識することが大事。
音楽の演奏のように、美しい音とそうでない音ははっきりしている。
茶学・水音
水音はミクロの世界で水のカタチを変える。水のカタチが茶葉の成分の配列を変える。そしてお茶の味を変える。お茶の味は飲む人の気持ちを変える。人の気持ちはめぐりめぐって世の中を変える。
茶器を楽器のように操って、いい水音を鳴らしてみたくて、うずうずしてきたでしょ。

関連する記事

茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM