プーアール茶.com

漫撒春眠の紅茶2016年 その1.

製造 : 2016年03月21日
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)香椿林
茶廠 : 農家
工程 : 晒干紅茶
形状 : 散茶
保存 : 西双版納
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : マルちゃんの茶壺
アパートからの長め雲が厚い

お茶の感想:
天気が崩れた。
厚い雲が太陽を隠して、早朝はときどき小雨が降る。
町のアパートに待機して山の農家と連絡を取りながら様子を伺うが、キレイに晒干(天日干し)のできない日が何日も続いた。
日に日に気温も湿度も上がってきて、春から夏へ、乾季から雨季への変化を肌で感じる。
今年いちばん狙っている森のお茶、香椿林の古茶樹は第一波(初摘み)のピークが近づいている。
これから数日の天気次第。
晴れたら天の恵みを喜ぼう。
崩れたら天の自由奔放を羨ましがろう。
悪天候でもなんとかするカシコイ工夫なんて西双版納らしくない。亜熱帯気候のノリで自然に任せて自分もだらける。だらけるつもりはないけれど、外の人から見たら暑い地方の人が努力しないでだらけているように見えるのと同じ状態だろうと思う。
前回、3月21日に香椿林の森に入って摘めた鮮葉は2.5キロ。
次の日に紅茶となったのは600g。
早春の茶葉は水分が少なくて軽発酵の温度が上がらない。やや浅い発酵度に仕上がっている。
同じ日に摘んで紅茶にした一扇磨の茶葉は、地面の下の水が豊富で茶葉の水分量が多かったためか、もうちょっと発酵がすすんで紅茶らしく仕上がった。
香椿林の紅茶2016年茶葉
香椿林の紅茶2016年と茶器
地元の茶商がこの2つの結果を見て、
「この紅茶は完全発酵ではないから正しくない。失敗だ。」
と意見するが、無視。
紅茶づくりに完全発酵を求めると、水分の少ない早春の茶葉では難しい。雨の季節が適している。機械乾燥させたほうが調整しやすい。芽の出るタイミングと茶葉のサイズやカタチの揃う品種管理された農地が好ましい。それはつまりコストを抑えて生産量を追求するのに都合が良くて、大手のメーカーも喜んで正しい紅茶を主張しているかもしれないが、当店としては製法の正しさよりも、美味しいかどうか、体感がよいかどうか、保存に強いかどうか、お茶淹れが楽しめるかどうか、このあたりを重視したい。
正しさはなにのためにある?
知っている人いる?
伝統の紅茶はどうだったのだろう?
明代くらいに中国がヨーロッパに輸出した紅茶。その紅茶もまた完全発酵に近づけることを重視していたとしたら、それは味を求めてのことではなく、体感や薬効を求めてのことだったと推測する。カンタンに言えば、身体が温まらないなら紅茶として機能しないということ。
香椿林の紅茶2016年
香椿林の紅茶2016年3煎め
発酵度の浅いこの紅茶には白茶的な風味がある。
白茶は鮮葉を揉捻しないで乾燥させるので発酵度は浅い。香りにヨモギのような薬味があり、この紅茶にもちょっとそれがある。味もスカッと涼しくて爽やかで、紅茶にありがちな甘ったるさはない。しかし体感は違う。飲んだ後に身体を涼しくさせるのが白茶だが、この紅茶は身体が温まり、その感覚が長く持続する。茶気のアタリも白茶や生茶に比べてやさしい。
紅茶に求められたであろうと推測する体感や薬効の機能は満たされているので、他人が認めなくても当店はこれを紅茶と認める。
この先、圧延して仕上げるのでもうちょっと発酵がすすむ。数年熟成させる変化もある。
葉底

ひとりごと:
上海のお茶会でお世話になっている静安茶室の人が西双版納の見学に来た。
茶室と取引のある大手メーカーの社員が全工程を連れて回るので、自分の出番はない。もっともこの時期は忙しいので誰の来訪も対応しないことにしている。
たまたま山から降りて町に居たので、上海や北京から来ている愛茶人たちの晩餐に誘われた。
「日本人だけれど、ここで何年もお茶づくりをしている。」
と紹介されたものの、彼らの求めている知識と自分の知識が大きく異なるので、なにも話せなかった。静安茶室の人もなんとなく察知して、話をあまり振らないよう気を使ってくれた。
都市から来たお茶好きの彼らは、本やネットに書いてあることを確かめるように現地を見学する。旅程表には誰もが一度は行く有名茶山が並んでいる。
自分は山を歩いたり茶葉を触ったり、昔の人のような感覚でお茶を知りたい。まだ言葉にできない感覚もたくさんあって、そのことで頭がいっぱい。本に書いてあることを突然聞かれても、なにも答えられないのだな。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM