プーアール茶.com

一扇磨春の散茶2016年・緑印 その1.

製造 : 2016年03月28日
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)一扇磨
茶廠 : 農家
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 散茶
保存 : 西双版納
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの白磁の蓋碗
白花の咲く山
白花の咲く山
白花の咲く山

お茶の感想:
花冷えという言葉があるように、温かくなったようでまだ冷たいのが春の空気。桜の樹の下で花見したときの、花の香りが混じるひんやりした空気を呼吸する味わい。その味わいに人の心が動くように、茶葉もまた春の空気を呼吸して、なにかを動かされている。
西双版納の山が冬から春になる。
白花と呼ぶ花が山に咲きだすと茶摘みがはじまる。山を渡る風に白花が薫る。こころなしか茶葉にもその香りが移っているような気がする。
4月2日の夜のにわか雨が『漫撒一水紅茶2016年』に水の味を宿したのは、空気中の水分を茶葉が吸収したからだが、それだけじゃないだろう。香りも、酸素や二酸化炭素などの成分も、気温も、風も、そしてまだ解明されていないなにかも、茶葉は呼吸して吸収している。
空気の変化は地面の下の土の中とも連動しているにちがいない。
白花
一天一采。茶摘みしたある日の空気の味わいが、そのままお茶の味に現れてほしい。春らしい空気に満ちた一日に采茶したい。
今年はこのことで判断が難しかった。
西双版納の春はもともと短い。3月初旬からはじまり3月末頃まの1ヶ月ほどが春らしい春で、4月中頃にはもう夏になっている。一日一日の変化が大きい。この記事を書いている4月18日は完全に夏の暑さ。Tシャツ一枚になって扇風機回している。10日後には毎日のように夕立ちのような短い雨が降るようになるだろう。
夏が駆け足でやってくる。
一般的に、清明節の4月4日までを春のお茶として、それ以降は晩春もしくは初夏のお茶と評価するが、2016年は2週間ほど春が遅れてやってきた。寒い冬が長引いた。4月4日になってもまだ新芽・若葉を出していない茶樹がたくさん残っている。
はたして、清明節を春と夏の境にしてよいのかどうか。
栽培に人の手が加わらない自然な茶樹ほど、日光の当たらない半日陰で気持ち良く育つ茶樹ほど、樹齢の古い大きな茶樹ほど、新芽・若葉の出るのは遅い傾向にある。つまり、西双版納の名物といえる樹齢数百年の古茶樹のほとんどが初摘みを迎えていないことになる。
一扇磨への道上
一扇磨への道中
川を渡る
清明節の後には4月12日からの撥水節がひとつの区切りとなる。しかし、今年は4月18日の今日になってもまだ第一波(初摘み)の摘み残しがあると農家から連絡が入る。
結論から言うと、漫撒山は清明節の直前の4月3日に茶摘みを終了した。その後のお茶はつくらなかった。
春の空気にこだわることにして、古茶樹へのこだわりを捨てた。
深い森の中で強い太陽を避けてのびのび育つ茶樹であるのなら、平均的な樹齢は100年から150年くらいの清代末期に誰かが植えた茶樹、これでも良いとした。
いつもよりかなり若い茶樹がメインになる。
春の味のしない古茶樹よりも、春の味のする小茶樹。そのほうが美人だと判断したのだが、さて、どうだろう。
一扇磨春の散茶緑印
『一扇磨春の散茶2016年・緑印』
「緑印」と名付けたのは、他にも一扇磨春のお茶が2種あるからだ。一扇磨は広くて山のいたるところに茶地が点在している。茶地や製法や采茶日の違う3種のお茶を「緑印」・「黄印」・「青印」と分けることにした。いずれも生茶のプーアール茶ではあるが、風味は異なる。
一扇磨の森
一扇磨
茶地
緑印の茶地は、一扇磨の山頂に近いところにある。村からバイクで1時間ちょっと山を登って、そこからさらに歩いて1時間ちょっとの山頂付近。尾根からちょっと下がった風裏の斜面に茶地がある。
古茶樹
古茶樹の幹
茶葉
茶樹の混生
樹齢数百年になる茶樹が4本と、清代末期に植えられた樹齢100年から150年くらいの茶樹が十数本と、2005年頃に農家が苗を植えた数十本とが混生している。
道のりが遠くて茶摘みのアルバイトを手配するのもたいへんなので、分けて摘むことができない。どれもいっしょくたに茶摘みされてしまう。茶樹の樹齢によって新芽・若葉の出るタイミングが異なるので、初摘みは3回行われたが、この緑印の3月28日は2回めになる。樹齢100年から150年くらいの茶樹がメインとなる。
晒青毛茶に仕上がったのは5キロ。圧延加工して、『一扇磨青餅2016年・緑印』として出品する予定。
一扇磨春の散茶2016年洗茶
泡茶
緑茶のような発色の良い緑色は、殺生(鉄鍋炒り)の炒り具合が深くなったせいである。これを炒ったのは農家だが、意識してそうしたわけではない。摘みたての鮮葉に水分が少なかったせいで、いつものように炒ったら結果的にこうなったのだ。
春特有の茶醤が多くネタネタと手にくっつく柔らかい若葉は、ちょっと揉んだだけでしっかり捩れてくれるから、揉捻を強く仕上げたような細い形になるが、これもいつものようにしただけこのと。意図したわけではない。茶摘みのタイミングが良かったのだ。
茶油
ヒヤッと涼しい口当たり。
甘く感じるほど密度の濃い水質。
シュワシュワと炭酸のように弾けて消える渋味・苦味。
フワッと上昇する茶気。
白花の甘く薫る香気。
飲んだ後の喉元にスースーとミントの風。
春の空気が宿っていると思う。
葉底

ひとりごと:
景洪市内のお茶屋さんには春の茶葉のサンプルが集まりだしている。浙江省の茶商が自ら布朗山でつくったお茶を試飲していたところに、たまたま出くわした。
「今年は難しかった。」
と言うので、どこが難しかったのか?と聞いたら、春の味の茶葉が少ないという。やはり同じ問題に気付いているようだ。
それだけじゃない。年々お茶づくりが難しいと嘆いている。
その理由は、
1.自然環境が破壊された。
2.農家が利益を追求しすぎてまともな仕事ができない。
3.お客様の買う茶葉の量が減っている。
うーん・・・なんだか同じようなことを言うのだな。
同業者と同じようなことを言っているようでは、自分もたいしたことないなあ・・・。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM