プーアール茶.com

漫撒一水紅餅2016年 その2.

製造 : 2016年4月3日
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)香椿林
茶廠 : 農家
工程 : 晒干紅茶
形状 : 餅茶180gサイズ
保存 : 密封
茶水 : 京都の地下水
茶器 : 白磁の蓋碗小90ccサイズ
漫撒一水紅餅2016年の餅面
漫撒一水紅餅2016年
漫撒一水紅餅2016年の茶湯

お茶の感想:
今年2016年の春は一天一采(ある一日の茶葉でひとつのお茶をつくる)で、紅茶は8種もできたから、その仕上がりが比べやすくなった。
とくに軽発酵度の違いはわかりやすい。
軽発酵度レベル5(最高)と評価したこのお茶。
+【漫撒一水紅餅2016年】
紅茶の紅茶たる赤黒い茶葉の色。ルビー色の茶湯。芳醇な香り。軽快な苦味。艶やかな甘味。
みんなが紅茶にもっている印象に近いと思う。
晒茶も圧餅も天日干しで仕上げているこの紅茶はとくに、ちょっと油断してぬるい湯で淹れたり、茶器をあらかじめ温めないなどして高温をキープできなかった場合、おっとりし過ぎて眠い味になりやすい。
ちょっとシャープに、カドや輪郭を立てるようにしたいところ。
そこで、今日は白磁の蓋碗にしてみた。
白磁の蓋碗
漫撒一水紅餅2016年
最近のブログの記事では茶壺をよく使っているが、実は試飲には今も蓋碗を使い続けている。
蓋碗は白磁の薄手の素材といい、口の大きく空いた形といい、保温力が弱い性質なので、高温淹れで抽出したいお茶に向かないように思えるが、そうでもない。
淹れ方(というか飲み方)の技術である程度カバーできる。
また、白磁のお茶の味を直線的に表現するところが、このお茶の輪郭や芯を表現するのにピッタリである。
紅茶を蓋碗で
蓋碗の高温抽出技術
蓋碗で高温を維持する技術。
といってもカンタンで、上の写真に答えが写っている。
1杯目を飲んでいるうちに、次の2杯めの抽出が始まっている。
それだけ。
茶を杯に注いでからまたすぐに蓋碗に熱い湯を注げば、蓋碗も茶葉も冷める間がない。高温をキーブしやすい。煎を重ねるほどに茶葉にどんどん熱が入り込んで、内側の成分が抽出される。
抽出時間は30秒から3分といったところか。
茶葉の量や蓋碗のサイズによっても、1煎め、2煎め、3煎め、4煎めによっても、抽出時間はそれぞれ異なるので、こればかりは自分の手元での頃合いを見つけるしかない。
飲むほうは、次の煎の抽出が濃くなり過ぎないうちに手元の杯を飲み干さないといけないから、忙しそうだが、やってみるとあんがいゆっくりなテンポである。
ひとつのお茶を飲むのに時間をかけていられない我々の仕事の試飲だけでなく、家飲みで一日の終りのつかの間を安らぐのに良いくらいの時間の流れ。
蓋碗と紅茶
白磁の蓋碗ならではのお茶の輪郭や芯が表現できるかどうかは、試した人だけがわかるということにしておく。

ひとりごと:
西双版納で乗る自転車、これが欲しいな。
SANTACRUZ
ちょっと流行にノリすぎかな・・・。
自転車は市場が大きくて、用途が多様化していて、メーカーによっては趣味性の強いかなりニッチな市場に向けた自転車を出品している。もっと尖ったのが欲しい人もそこそこ居て、カスタマイズを手伝う仕事も成り立っている。
ニッチ市場でヒットしている自転車は、メーカーが意図した方向での機能性やデザインがそのままユーザーに支持されるのではなくて、それをちょっと違った方向にユーザーが応用したときのカッコよさにツボがあると思う。
茶葉や茶器もそういうのがカッコ良いと思うから、自分はもっと明確な方向性が見える茶葉をつくって、茶器を選ばせるようにしたい。
例えば、『漫撒一水紅餅2016年』だけを最高に美味しく抽出するためにつくられた茶壺とか、あっても良いな。あまり売れないほうがカッコ良いくらいのやつ。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM