プーアール茶.com

章朗古樹紅餅2016年 その2.

製造 : 2016年4月6日采茶
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山章朗寨古茶樹
茶廠 : 店長ふじもと
工程 : 紅茶
形状 : 餅茶
保存 : 密封
茶水 : 京都地下水
茶器 : 宜興紫砂の茶壺
章朗古樹紅餅2016年
章朗古樹紅餅2016年

お茶の感想:
朝の紅茶。
飲んでからジョギングする。
夏の太陽に負けないこのお茶。
+【章朗古樹紅餅2016年】
ガツンと高温淹れしてみる。
紫砂の茶壺をしっかり熱湯で温めておいて、茶葉を投入して蓋をして蒸気で1分ほど蒸らして、熱湯を注いで蓋をする。この手続きを丁寧にするとお茶は清らかになる。
湯の量と熱量は比例するので、湯量多めに8分目まで注いだ。
そろそろかな・・・という頃合いに蓋に指を当てて、熱の伝わり具合から茶壺の中の見えない茶葉の開き具合を想像してみるのだが、むちゃくちゃ熱い。
茶壺のカタチの効果が大きい。タテ長はいいな。
チェコ土の杯
一般的な紅茶はこのように高温淹れすると、カンロ飴っぽい甘味と香りが出やすい。やさしい味ではあるが輪郭や芯がボケるので、パッと気分を変えたい時や目を覚ましたい時には役不足。
カンロ飴味は大きく育った新芽のたくさんある紅茶に多いが、実際にその成分に由来すると思われる。
新芽が大きく育っているということは旬をハズした晩春から夏の雨の季節の茶葉。見た目が美しいから売れやすいし、なにしろ産量が多いから市場占有率が高い。みんなに手に入りやすい。これを美味しく淹れるには、新芽が煮えないようにサッと湯を切って抽出したほうがよいが、そうすると高温でしっかり抽出する深い味わいは得られない。
春の旬の新芽は乾いた状態では爪の先ほどの大きさしかない。
旬の紅茶の餅面
若葉は製茶で赤黒く変色するから、餅面は真っ黒に見えるが、これぞちゃんとした旬の色である。
生茶の原料の晒干緑茶にしたときと同様に、黒ければ黒いほど旬の成分が濃い。
高温でしっかり抽出してもカンロ飴味が少なくて、スッキリ爽やか。スパイシーながら舌に残らず消えが早い。喉ごしは滑らかで潤いがある。
葉底
はそこ
茶気の強いのはアルコール度数の強い酒と同じ。
2016年の春の紅茶は8種あるが、最も茶気度数の高い紅茶はこの『章朗古樹紅餅2016年』と1日前に采茶した『章朗古樹紅餅2016年・青印』。
濃いのを一杯飲んだらバッチリ眼が覚めて、走るぞ!という気分になる。
古茶樹のミネラルで強い日差しにも負けない気分。
章朗古樹紅餅2016年
今日一日の分を保温ボトルに溜めておく。

ひとりごと:
先日の勉強会のテーマ「熟成」で興奮したお客様が、年代モノのラム酒にも同じ深さがあると紹介してくださった。
1939年の老ラム酒。ラベルはフランス語で「RHUM」と書いてある。
美しい。
香りだけでノックアウトする。
銘酒は美人。
年代モノのラム酒
ラム酒はカリブ海の島や大陸のサトウキビからつくる蒸留酒であるが、その起源は西洋による植民地化時代に遡る。お茶やコーヒーが世界中に売れ出した時代に砂糖の需要が爆発して、ものすごい勢いで南米やアフリカにサトウキビ畑が開拓されて(そのために奴隷も流通して)、砂糖を精製するときの黒糖シロップを二次利用しての酒づくりがはじまる。
ラム酒といえば労働者向けの安い酒のイメージがあるが、これをウィスキーやブランデーのように樽で長年熟成させたのが一部のマニアに支持されていたらしい。つまり、はじめから長期熟成を狙ってつくる高級嗜好品なのだ。知る人だけが嗜んでいた酒。
長期熟成は樽で寝かせたり瓶で寝かせたり、いろんなパターンがあるが、いずれにしてもじっくり時間と手間を掛けたもののほうが良い。その間、お金をふんだんかつ継続的に投下されるほど熟成は上質に仕上がる。当然だ。
当初は東インド会社が手掛けていたと思われるが、スペイン、イギリス、フランスあたりが老ラム酒づくりに熱を上げていて、最後はイギリスかフランスの老ラム酒が高く評価されるようになる。スペインが脱落したのは、先に経済力が落ちたから。熟成に金をかけないセコイ手法になってゆく。
老プーアール茶戦争を征するのも、50年以上継続する経済力になる。
美人はお金が好き。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM