プーアール茶.com

章朗古樹紅餅2016年・青印 その1.

製造 : 2016年4月6日采茶
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山章朗寨古茶樹
茶廠 : 店長ふじもと
工程 : 紅茶
形状 : 餅茶
保存 : 密封
茶水 : 京都地下水
茶器 : 宜興紫砂の茶壺→白磁の蓋碗
章朗古樹紅餅2016年・青印
餅面
紫砂の茶壺

お茶の感想:
熱中症予防に今日はこのお茶。
+【章朗古樹紅餅2016年・青印】
身体のだるいこんなときはガツンと濃いめで目を覚ましたいと思って、宜興紫砂の茶壺で高温淹れしたら失敗した。
茶葉を火傷させて辛味・苦味が嫌味になる。
章朗古樹紅餅2016年・青印
章朗古樹紅餅2016年・青印
無印の『章朗古樹紅餅2016年』ならこの淹れ方で美味しく飲めたが、「青印」はダメなのだ。
『章朗古樹紅餅2016年』とは采茶日が1日違い。
おなじ斜面の古茶樹から採取して、天候の変化もほとんどなかった。
原料の茶葉の差はないと言えるのだが、お茶の仕上がりは大きく違う。
製茶時のコンディションの違いが影響している。そして、お茶淹れの技術にまで影響する。
軽発酵が浅く仕上がったことで熱に敏感な青印の茶葉にいきなり熱湯を注ぐと火傷させる。火傷による嫌な味が混ざってしまう。
そうかといって、ぬるい湯では味の輪郭や香りがぼやける。熱い湯でいかにやさしく茶葉に熱を伝えるかが課題。
そこで極端な淹れ方を試すために蓋碗を利用した。
白磁の蓋碗
蓋碗に先に湯を注いでおく
湯を注いでから茶葉を投入
湯を注いでから茶葉を投入
先に蓋碗に湯を張ってから茶葉を投入する。
蓋碗は直前に捨て湯をして温めてある。もちろん湯は沸き立ての熱々である。
蓋をしてしばらく
茶葉はまだ浮いている
茶葉が浮いているのをそのままに蓋をして蒸らして杯に注ぐ。
杯に注ぐ
濃い目に入った
一煎めから濃い目になったが美味しい。
嫌味のない辛味・苦味は甘味を引き立てるスパイスとなり、ヨダレの出るほど甘く感じられるお茶になった。夏草のような香り(軽発酵が浅めに仕上がった特徴)もしっかり薫って、上品な雰囲気を纏う。
茶葉が一煎めの湯の温度に慣れてくると、二煎めからはそれほど気を使わなくて済む。
湯の道を開ける
それでも慎重にしたいのなら、湯の落ちる真ん中の茶葉を避けて、そこを狙って熱い湯を注ぐ。
真ん中に注ぐ
二煎め
章朗古樹紅餅2016年青印
そして三煎め。
三煎め
ここまでくると熱々の湯が勢い良く茶葉にかかっても大丈夫。

ひとりごと:
ヨガの先生の言葉が印象に残っている。
「否定的な言葉を怖れない心の状態をつくりましょう。」
ヨガを学ぶ心構えについての話。
先生が生徒に指導するときに、改善点を伝えなければならない。しかし、上手に言わないと生徒は萎縮して逆効果になる。日本人相手は特にそうだろう。
しかし、そんなのでは前に進めない。
否定的な言葉を怖れる人は、学ぶことへの集中力が足りないのだ。
集中していたら、どんな言葉からでもなにかを得る。
同じことから学べる人と学べない人とがいる。
それだけのことだ。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM