プーアール茶.com

漫撒春眠紅餅2016年 その1.

製造 : 2016年03月21日
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)香椿林
茶廠 : 店長ふじもと
工程 : 紅茶
形状 : 散茶
保存 : 日本
茶水 : 京都の地下水
茶器 : チェコ土の茶碗
漫撒春眠紅餅2016年
漫撒春眠紅餅2016年

お茶の感想:
一天一采でつくったお茶はどれも個性が強いというか、輪郭が見えやすいというか、血が濃いというか、そういう点でわかりやすい・・・はずだがそうでもない。
人と一緒でいろんな面をもっているし、変化もしているし。
茶摘みから圧餅までずっとつきっきりの自分でさえまだわからないことが多い。
ましてお茶を淹れるとなると、水や道具や技術という変数が加わる。すべてを試すなんて無理なのだ。
でもやる。
今日はこのお茶。
上海から2枚届いた。
『漫撒春眠紅餅2016年』
漫撒春眠紅餅2016年
今年の春のオリジナルの14種のうちのひとつ。
ちょっと思うところあって、湯と茶杯だけで淹れてみる。
先に湯を張ってから茶葉を落とす。湯は沸き立ての熱々。
茶葉に触らないで自然に沈むのを待つこと。
茶碗に湯を張る
茶葉を落とす
茶葉が沈むのを待つ
・・・と、思ったがなかなか沈まないので茶針でツンツンしてみる。
茶針で茶葉をつつく
ちなみにこの茶針はヤマアラシの棘。
西双版納の山にはヤマアラシがたくさんいて、猟師がときどき撃ってくる。ぶつ切りにしてスープにするとなかなか美味しい肉なのだ。
棘は先が尖っているので、昔は刺繍の針に使われていたが、現在は使われていない。
いずれ茶針として販売する予定。
漫撒春眠紅餅2016年
ハーブティーみたいな香り。鮮味が強い。
高原の花を想わすような線の細い可憐な味わい。
美味しいけれど、でも問題がある。
早春の茶葉で月光白という白茶をつくるとこういう感じになる。しかし、実際のところ旬の茶葉でつられる月光白など無いに等しい。雨の季節になった春の終わりから夏にかけての安い原料でつくられるからだ。
過去にほんとうの早春につくられた月光白を紹介している。
+【那カ古樹月光白2014年 その3.】
この記事を読み返すと絶賛しているが、その後は月光白には見向きもしなくなる。
理由が二つある。
ひとつはお茶として完成していないこと。製茶の技術が成熟していない。(最近つくりはじめられたお茶であるから考えが足りない。)
もうひとつの理由。
体感に問題がある。
茶酔いの感じが良くない。特にぬるめの湯で淹れた時の感じ。
初めて経験する人は気持ち良いと感じるかもしれないが、この酔い方はよくない。どんな酔い方かというと、血糖値が一気に下がって貧血になるような感じ。
身体が嫌だと言っている。論理的に説明できなくてもよいだろう。経験的にそうなのだから。
山の人たちもこの鮮味をともなう茶酔いが嫌いで、それゆえにしっかり火を通したお茶しか飲まない。
そう。あるていど熱を通すと、嫌な茶酔いの原因となるなんらかの成分の働きを止めることができる。
そこで、保温ボトルに茶葉を入れて熱湯を注いで蓋をして、しばらく待ってから飲んでみた。
保温ボトルで煮出す
保温ボトルで煮出す
保温ボトルで煮出す
30分くらい待った。
こうすると鮮味も茶酔いも落ち着いて当たりの柔らかいお茶になる。
晒干で仕上げた軽発酵の浅い紅茶は、月光白と似た鮮味が残っている。
この『漫撒春眠紅餅2016年』がまさにそれ。
当店の紅茶の場合、圧餅のときの蒸気の熱でこれを殺青しているつもりなのだが、短時間なので完全ではない。
ただ、この鮮味の残る状態のほうが、もしかしたら長期熟成は面白いかもしれない。
これから何年かかけて追跡調査してゆく。そのために1枚は手元に残して壺熟成するつもり。

ひとりごと:
昨晩は寝る前に熟茶。
+【版納古樹熟餅2010年】
夜が涼しくなってきたら熟茶が美味しくなる。
酔い心地は最高。
ぐっすり眠れる。
版納古樹熟餅2010年
版納古樹熟餅2010年
発酵の微生物もまた鮮味を伴う茶酔いのある茶葉が嫌い。
だからそこを気をつけて原料となる晒干毛茶をつくらなければならない。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM