プーアール茶.com

章朗古樹紅餅2016年・青印 その2.

製造 : 2016年4月6日采茶
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山章朗寨古茶樹
茶廠 : 店長ふじもと
工程 : 紅茶
形状 : 餅茶
保存 : 密封
茶水 : 京都地下水
茶器 : チェコ土の茶壺
チェコ土の茶壺

お茶の感想:
お茶は淹れ方しだいで、体感が変わる。効能が変わる。
湯の温度や湯の注ぎ方(水の落とし方)や抽出時間が違って、お茶の味が苦くなった時、辛くなった時、甘くなった時、爽やかになった時、鈍くなった時、重くなった時、軽くなった時、それぞれの体感があり、効能があり、薬効がある。
こんな話をすると、
「お茶はそんなに繊細なところを求めるのですか?」
お酒の趣味のある人からそう聞かれた。
たしかに、現代のお茶は味にばかり注目していて、体感について話すことは少ない。
しかし、昔のお茶は違ったはず。
理由ははっきりしている。
医食同源。お茶はクスリだったから。
クスリといっても現在のクスリではない。
なにかを治したり、どこかを良くしたりというレベルの低い下薬ではない。
普段から食べたり飲んだりしていると無事でなにごともないのが上等という上薬。
そう。お茶は上薬。
病院や医者や薬局がまだ営利を追求していなかった時代には、食べるものや飲むものがどう身体に影響するのかを、日々注意深く観察しながら人々は生きていた。自分をいちばん知っている医者は自分。
味や香り、そして、今の自分がそれをどう感じるか。
味わうことは、ある種の効能を見つけたり、身体のコンディションを知る手がかりとなったりする。
なので、お茶の淹れ方によって微妙に異なる味についても吟味したのだ。
現在のグルメは、人間が食欲の豚と化したグルメであり、生きてゆくための知恵を学ぶことはしていない。
今日はこのお茶。
+【章朗古樹紅餅2016年・青印】
これをチェコ土のマルちゃんの小さめの茶壺で淹れる。
注ぎ口が細くつくられていて、水の流れが細くなる。
これによるお茶の味の出方、効能、薬効を確かめる。
細い線で注ぐ
章朗古樹紅餅2016年・青印
注ぎ方で味が変わる薬効が変わる
優しいお茶の味は身体にもやさしい
やさしい味は、身体にもやさしい。
わかりやすい答えだった。

ひとりごと:
LEDの白い光は、寒気を感じる。背すじに嫌な電気が走る。
強い光を半時間も浴びると身体の調子が悪くなる。
自分にはもうこれで十分に証明されている。悪いものだと判断できる。
大学の先生による発表を待たなくてもよい。
省エネがどうとか、経済がどうとか、そんなパワハラに屈して自分の身体を犠牲にはしない。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM