プーアール茶.com

厚紙黄印七子餅茶 その3.

製造 : 1995年
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県大葉種喬木晒青茶
茶廠 : 孟海茶廠(国営時代)
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 餅茶崩し
保存 : 香港ー広州ー上海−日本ーチェコ密封
茶水 : チェコの水道水・ブリタ濾過
茶器 : チェコ土の茶壺と茶杯
窯入れ
氷柱
火入れ開始
薪をくべる
窯の炎
焼けるレンガ
窯に吸い込まれる炎
煙突から吹き上がる炎
燃え上がる炎
1270度
窯の隙間から見える赤い火
窯出し

お茶の感想:
プーアール茶に向いている茶壺をオーダーするつもりでチェコに来たが、結局はプーアール茶に向いてそうなのを、すでにつくられた茶壺の中から選ぶしかないとわかった。
西双版納の自然栽培のお茶と同じで、自分が思ったようなのを作家がつくれるわけがない。もしもそのようにしたら、どこかウソをつくことになる。一日一日の天気が茶葉の育ちや製茶の仕上がりを左右するように、一点一点つくられる茶壺はその違いに面白さがある。
窯出し
どうやってプーアール茶に向いていそうな茶壺を選ぶか?
持参した茶葉でお茶を淹れてみて判断するしかない。
窯出しの後、古い茶葉を煮て土の匂いを消してからお茶を淹れてみる。
水の注ぎ、重量バランスの良さ、持ちやすさ、など、すぐにわかることもあるが、いちばん肝心なお茶の美味しさをみるには時間が足りない。
持ち帰ってから、ひとつひとつをじっくり使ってみるしかない。
3回使うより4回、4回使うより5回、と徐々にわかってくると思うが、半年以上かかるだろう。これを販売する頃には、茶渋がどこかに染み付いているだろう。
グラスの杯
お茶の美味しさをどうみるか。
この問題を考えさせられることがあった。
チェスケー・ブジェヨヴィツェのアンティークショップでマルちゃんが見つけたグラスの杯。
グラスの杯とチェコ土の杯に同じお茶を注いで飲み比べたときに、自分はグラスの杯が美味しくて、マルちゃんはチェコ土の杯が美味しいと評価した。
グラスは白磁の杯に似て、すべての味がまっすぐ現れる。
チェコ土の杯は味が隠れて、ぼやけたりくすぶったりする。
プラハの茶葉のバイヤーのトーマスもグラスの杯を選ぶだろうとマルちゃんは言う。
仕事柄、自分はトーマスと同じモノサシでお茶の味を見ているかもしれない。
手元に試飲の順番待ち茶葉がたくさんあって、ひとつのお茶を一日かけて味わう暇はない。味が隠れたりしたら困る。
そういえば、最近ひとりでお茶を飲むことが多くなった。
試飲が目的なので、他人といっしょに飲んでいたら時間がかかって効率が悪い。1煎めと2煎めの間に時間が空くと味の変化がわかりにくいので、1・2・3・4煎をサッサとこなして次のお茶に移りたい。
1日に飲めるお茶の量は個人によるが、体調を壊さないギリギリの範囲でサンプルをこなしたい。他人のお茶を飲んでいる場合ではないから、茶友たちと交流したくない。たくさん汗を流すとお茶の許容量が増えるから、西双版納ではジョギングやサイクリングが日課となっている。
茶壺を味わう
茶壺
お茶の味わいは、味や香りだけにあるのではない。
お茶の先生の茶会では、もっと総合的な美とか作法とかを紹介している。
茶縁という言葉があるように、出会いのきっかけになることもある。
そんなことはわかっている。
でも、自分の仕事はお茶の味に集中すること。
味わい方にせっかちになるのは仕事の性分である。
試飲のための味わい方を、お客様が真似するのはちょっとおかしい。
ワインも日本酒もそうだけれど、なぜ仕事人のモノサシで鑑賞しなければならない?と、お客の側として思うことがある。
石の表
石の裏
試飲のための茶器が、日常の楽しみの茶器と共通するわけがない。
チェコ土のマルちゃんの作品の味わいを味わうのだ。そのためにお茶を飲む。
そういう心構えがあれば、それなりに美味しくなる。
多少は技術でコントロールできるところもある。例えば、湯の温度を高めにするとか、茶器をあらかじめ温めるとか、ヤカンから茶壺へ、茶壺から茶杯へと注ぐ水を高いところから落とすとか。ひとことで言うと、キビキビした感じの水の振動をつくるとバランスがよくなる。
そういうことが分ってくると、道具をつかいこなす味わいを味わえる。
自分の立場からは、お茶の味がもったいない気がするが、お客様からしたら贅沢というか、豊かな遊びになるだろう。

ひとりごと:
池のほとりの森
赤松の葉と雪
池の上を歩く
池の上でお茶の用意
凍った池の上で温かいお茶。
+【厚紙黄印七子餅茶】
夏は砂浜のビーチのある池で、キャンプを楽しむ人でひしめくらしい。
後ろに小さく見える人は、アイスホッケーの練習をしている叔父さん。
遠い昔にレンガづくりのために掘られた大きな穴に水が溜まって池になっている。小川が流れ込んでいるので水は綺麗。
氷の上で飲んだお茶には特別な味わいがあったとも言えるし、寒いだけでバカをしたとも言える。
自分でもどっちなのかよくわからない。
家に戻ってから、かじかんだ手を薪ストーブにかざしてもみもみしながら飲んだお茶のほうが美味しかった。
氷の上でお茶
厚紙黄印七子餅茶マルちゃんの作品は、ある人からしたらぜんぜんダメだと言える。そういう隙を与えているから、他人の評価にフン!という態度でいられるような、使う人に強い意志が要るかもしれない。
当店のお茶は本当はマルちゃんの作品よりもワイルドだが、店長の性格で、あまり隙を与えないようシリアスな情報で武装している。意志の弱い人でも他人の評価が怖くないように。下手な評価をしたら痛い目に会うように。
それが日本人マーケットだから。
どちらが良いとか悪いとか、自分でもよくわからない。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM