プーアール茶.com

香椿林青餅2016年 その2.

製造 : 2016年4月1日(采茶)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)香椿林
茶廠 : 農家
工程 : 生茶
形状 : 餅茶180gサイズ
保存 : 西双版納 密封
茶水 : チェコの水道水・ブリタ濾過
茶器 : チェコ土の茶壺と宝瓶
クリコフの道

お茶の感想:
お茶づくりで西双版納の山の人の家に泊まり込んで寝食をともにするように、今回はチェコのマルちゃんの工房に泊まり込んでいる。
西双版納の山の人の生活は、生きている世界が違う。時代が違う。なじめないこともある。
それを考えたらチェコの工房の生活は楽。自分と同じ世界、同じ時代に生きている。
自然にやさしく質素で素朴なところは似ていても、向かう方向が違う。
西双版納の山の人は、半自給自足の農業から脱して、経済社会の仲間入りをはじめたところで、もっと消費を増やそうとしている。
マルちゃんは自ら選んで消費を減らそうとしている。
チェコはヨーロッパの中では田舎かもしれないが、町に住めば世界の大都市とほぼ同じ生活ができる。田舎の村へ行っても不便はない。プラハの都会っ子として育ったマルちゃんは、できるのにしない、という選択で今の生活をしている。スローライフというのかな。
マルちゃんは菜食主義だが、これも都会の人だからこその思想で、山の人にその発想はないと思う。布朗族の古い仏教のお寺は菜食主義だが、お坊さん以外の普通の人にその選択はありえないだろう。
この違い。
どうなのだろ。

スローライフの思想は作品に反映している。
例えば、土の成形。
土の成形が失敗した例
茶壺の注ぎ口を胴体にくっつける作業のときに、マルちゃんの手元がくるって胴体がちょっとだけ凹んだ。叩いたり揉んだりして直したはずなのに、焼きあがってみると少し元に戻っている。
形状記憶というやつか。
このケースは自覚できているが、自覚できていない形状記憶もある。
食べものによって体質が変わり、思考も変わり、言動に影響するように、例えば、粘土の成形の微妙なカーブは草食と肉食では違ってくるだろう。
作陶は自然がいっぱい。粘土の成形だけでなく、釉薬のかかり具合、薪の火加減、その時の天気などが仕上がりに大きく影響する。作品の持つ雰囲気には、作家の生活がなんらかのカタチとなって反映している。もしかしたら淹れるお茶の味や体感にまで物理的な影響が及ぶかもしれない。
マルちゃんはそこを気にしている。
台所
そうなると、作品を使う側にもスローライフを求められる。
マルちゃんの作品はだいたいちょっと不便にできていて、使った後の手入れにもちょっと手間がかかるので、丁寧な生活のできる人向きである。チェコは比較的スローライフがしやすい環境かもしれない。ガチガチの共産主義だった1989年までの生活はスローだったから。
自分の場合、仕事なので茶器は毎日使うが、食器は使わない可能性が高い。
丁寧な生活をすると収入が減る。
お金を使って便利を求めたり、時間を節約したり、将来もっと収入を得るために今するべきことを選んでいる。忙しくて急いでいる。
食器は生活になじめずに部屋のインテリアになるだろう。ふだんは使わないのに、来客のあるときだけうやうやしく使ってみたりする。
水漏れする茶壺
水漏れする茶壺
今回いくつか選んだ茶壺の中に、ひとつ水漏れするのがあった。
粗いシャモット(耐火レンガを砕いた粉)の混じる土で焼かれたこの茶壺は、小さな空気の泡が内部にいっぱいできすぎていて、湯がじわじわ表面に漏れ出てくる。
水滴が落ちるほどではないが、蒸気になって出てゆく。
香椿林青餅2016年
『香椿林青餅2016年』(未発売)。
しっかり時間を取って抽出しようとしたら、杯にお茶を注ぐ前に部屋いっぱいに爽やかな緑の香りが広がった。蓋を閉めたまま、茶壺の胴体から茶の香りを伴った蒸気が出ているのだ。
昨年の春のお茶で、まだあまり熟成していないから、山の緑がそのまま薫る。
香椿林青餅2016年泡茶
面白いけれど、手入れはちょっと面倒で、使った後はすぐに洗って乾かさないと、細菌が発生して臭うようになる。
お茶淹れを丁寧に時間をかけて楽しめる人には、かわいい道具になる。毎日使いたいくらい。
忙しい人は、あまり使わなくなって、インテリアになる。
食事

ひとりごと:
できるのにしない、という選択をマルちゃんがしたから、作品は意志を持っている。方向がはっきりしている。
意思のある作品に対して、そこをうやむやにするのは難しいことかもしれない。「使う人が自由にしたらいい」と言ったって、どこかわざとらしい気がする。
ま、そういう世界と時代にわれわれは生きている。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM