プーアール茶.com

刮風寨単樹小餅2016年 その1.

製造 : 2016年4月20日頃(采茶)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)刮風寨茶坪
茶廠 : 農家
工程 : 生茶
形状 : 餅茶100gサイズ
保存 : 西双版納 密封
茶水 : チェコの水道水・ブリタ濾過
茶器 : グラスポット
刮風寨単樹小餅2016年

お茶の感想:
人の手や人の意図にあまり触れていないもの。
それが自然。自然が上等。
現代プーアール茶の高級には、こんな価値観があると思う。
いつの時代に誰が言い出したのか知らないが、近年になってこの見方が見直されている。
中国や華僑のお茶ファンで、西双版納の森の古茶樹にホンモノを求める人達は、このことを特別やかましく言う。
人の手に触れないということは、茶樹の育つ環境がもともとの自然であって、人工の自然ではないということ。産量を求めて森林を伐採したり、茶摘みを頻繁にしたり、農業化されていないということ。また、製茶の工程においては職人が技術を誇るようなことをしないのも、人の手垢がつかないという意味になるだろう。
人の意図に触れないというのは、人と自然がうまくやれるなんて思っていないこと。農家や業者が価値をつり上げるために流通過程でストーリーをつくったりしないこと。お茶ファンが知識の正しさにこだわらないというのも、人の意図に触れないことになるだろう。
とにかく、人は汚れている。
人が触れないほどお茶は清潔である。
そんな潔癖症な考え方。
誇張して話しているとは思うが、ま、そんな感じだ。
こうした価値観の定着する素地が、他人を信用できない中国や華僑の人たちの社会にはあると思う。なにしろトリックが多いから、人を疑ったほうがとりあえず安全。
自分の意見をいうと、これで良いと思っている。
人の触れていないお茶は清らかな味がする。これは事実。
清らかな味のお茶はめったに出会えない。これも事実。
刮風寨茶坪の茶王樹
刮風寨茶坪の茶王樹
刮風寨茶坪の茶王樹
刮風寨茶坪の茶王樹
なぜこんな話をするかというと、チェコで交流した茶商のひとりが、この状態を否定的に見ていたから。
過去に、台湾から輸入した有機栽培の茶葉を農薬検査にかけたら、とんでもない数値が出てきてトラブルになったらしい。お金は戻らない。付き合いの長い取引相手だったからショックだった。
「なぜ、こんなことになるの?みんながお互いに得しないじゃないか。」
ヨーロッパの人たちが全体的にそうなのかどうかは知らないが、東洋とは考え方がちょっと違う。
自然は人間が管理することで、よりよい環境がつくれる。つまり、自然よりも人間がカシコイという考え方がうっすら見える。
オーガニックの基準と監視を組織的に管理できる。つまり、人間もまた教育によって変えられるという考え方がうっすら見える。
良いお茶の評価基準をみんなで共有できる。つまり、情報や知識に信仰があるという考え方がうっすら見える。
極端に言えばそんな感じ。
前向きだよな。アルファベット思考というか。
しかし、自分の意見をいうと、この考え方には違和感がある。
人の思うようにならない自然のほうがリアル。人もその自然の一部。
騙されるのは、自分の都合の良い考え方にも原因があるということ。
上質なお茶を求めるほどに合理的にはならないから、時間もお金も労力もロスが大きい。
世界中でいったい何人のお茶ファンが上質な茶葉を手に入れたいと願っているだろう。そのくせに、みんな忙しくてそれどころではないから、ポンとお金さえ出せば上質が手に入る便利な仕組みを求めていないだろうか。お金をケチって失敗を減らそうとしていないだろうか。
自分に都合の悪い自然は理解したくないのだ。
刮風寨単樹小餅2016年
『刮風寨単樹小餅2016年』
そんなことを思いながらチェコの勉強会でこのお茶を試飲してもらった。
2016年の春で一番の上質。
茶友から譲ってもらって100gしか手に入らなかったので、100gのミニ餅茶にした。もしも180gサイズの小餅茶にしたら1枚10万円をつける。高くて売れないし、売るつもりもないので、なにかの機会にみんなで飲むことにしている。
チェコのお茶ファンたちは、飲んでみて、たしかに美味しいけれど、どこをどう見て上質なのか?よく解らない様子だった。価格の理由はもっとよくわからない。合理的なところなどないから。
人の手や人の意図にあまり触れていない。そのことがお茶の味や体感に現れているのを読み取れるほどの経験はない。
チェコの勉強会
上海でもこのクラスはちょっと難しい。知っているつもりの知らない人が多すぎる。知らないことを認めると過去の多くの失敗がはっきりしてしまう。痛すぎて素直に味わえない。わかる人だけ集まればよいが、そういうわけにもゆかない。
日本でこのお茶だけを半日かけてじっくり味わう会をしたい。ひとり1万円をいただくとして、定員は6名にしたい。実はそんな会をちょっと検討したのだが、「ひとつのお茶で1万円は高い!」という意見があったのでやめた。
ま、その前に、人が集まらないだろう。「6種のお茶が飲めます!」みたいなお得感がないと日本ではやってゆけない。
結局、自分もこのお茶を飲む機会がなかなか見つからない。
刮風寨茶坪の茶王樹
刮風寨茶坪の茶王樹
刮風寨茶坪の茶王樹
刮風寨茶坪のこの単樹のお茶。
刮風寨は景洪の町から車で6時間。茶坪は刮風寨からオフロード車で45分。そこから国有林の森を歩いて2時間半で、この茶樹に会える。
瑶族の木登り名人の2人が1日かかって摘んで、製茶後の晒干茶は3キロ弱ほど。これが年に1度の収穫。

ひとりごと:
宝物は流れる水の力によって姿を現わし、
また同じ流れによって姿を隠すのだよ。
パウロ・コエーリョの小説『アルケミスト』(錬金術師)より。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM