プーアール茶.com

刮風寨冬片老葉2016年 その1.

製造 : 2016年12月(采茶)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)刮風寨茶坪
茶廠 : 農家
工程 : 晒干緑茶
形状 : 散茶50gパック
保存 : 西双版納 密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター水
茶器 : 銅のヤカン
チェンコーン空
チェンコーンメコン川

お茶の感想:
久しぶりに陸路で西双版納に来た。
タイのチェンコーンからメコン川を渡ってラオス経由で西双版納に入った。
アパートに着くまでトゥクトゥクやバスやタクシーを7回乗り継いで12時間以上かかる。
ゴールデントライアングルのこのルートはバックパッカーなら楽しめるかもしれないけれど、目的がはっきりしている人には無駄もストレスも多い。
ラオスから中国へ出るボーダーが長蛇の列で予定時間を1時間半もオーバーした。バスは自分を待たずに出発して、ひとりだけ置いてけぼりをくらった。しかし、このままバスで移動を続けても、その日のうちにアパートまで到着できない時間だった。中国側の国境の町で次の日のバスを待って一晩過ごすことになる。安いホテルはあるが、暗闇のあちこちで麻薬取引していそうな気味の悪いところだ。
そんなこともあろうかと昨日のうちに西双版納の友人に電話をして中国側の国境まで車で迎えに来てもらった。ちょうど12時間の移動で予定通りに景洪市のアパートに着いた。
ちなみに、飛行機ならタイのチェンマイから昆明経由で遠回りだが移動は5時ほど。
一帯一路(中国からラオス・タイ・マレーシア・シンガポールまでをつなぐ道路や鉄道の計画)の影響で、大規模な工事による混乱はこれからもつづくだろう。5年と言われていても実際は10年かかるだろう。
ま、混乱に巻き込まれることはわかっていたけれど、あえて陸路で来たのはこの変化を見ておきたいから。
日本のように成熟しているところでは10年経っても風景はそんなに変わらない。
バスの窓から見るこのルートの風景は年々変わっている。工事のホコリにまみれて生きる人々にはなぜか活気がある。
かれこれ7年の間に何度も通った車窓の風景に、ふと記憶の断片が蘇る。自分もまたずいぶん変わってきたよな・・・。昨日と今日の連続する日常が旅をするとプッツり途切れて大きな時間が見えてくる。
西双版納の茶業が大きく変化して、この仕事もまた変化した。
今年も春の旬が巡ってくるけれど、昨年と同じ仕事はもう通用しない。このスピードについてゆけない。
今年の春はお茶づくりを休んでみようと思う。
山には行くし、もちろん素晴らしい茶葉があれば少しは仕入れるけれど。
ところで、昨年秋にはじめたオリジナルの熟茶づくりはいったんストップした。
試作中の茶葉はすべて処分してアパートの庭の土にした。実は、冬の間にあるサンプルの茶葉が手に入ってから、これまでの考えがひっくり返った。すぐに次のアイデアも出てこないので、しばらく寝かせることにした。
そういうわけで仕事は縮小したのに、西双版納に来るとなぜか忙しい。
あらゆる農産物と同じように、茶葉もまた人を休みなく働かせるのだ。
まずはこのお茶『刮風寨冬片老葉2016年』を出品する。
冬片老葉茶2016年
刮風寨の「茶坪」という地名の森の古茶樹から採取した冬の葉っぱ。
漫撒山の瑶族の独特の栽培方法で、根を育てるために大きく育った茶葉を枝から擦り落とす。
この落とした葉っぱをお茶にする。
このページで紹介している。
【丁家老寨青餅2012年 その2.采茶】
瑶族の人と山に入って、お昼ご飯のときに飲むお茶に近い。
茶葉を枝ごと折って取ってきたのを炙ってヤカンで煮るお茶。
炙る1
炙る2
これは炙るかわりに蒸している。
大鍋にグラグラ湯を沸かして蒸し器に茶葉を放り込み熱を通してから晒干(天日干し)する。それだけ。冬のあいだに刮風寨の農家がつくってくれた。
晒干緑茶の一種で、これもプーアール茶と言えるだろう。この地域でつくられるお茶はなんでもプーアール茶にしておけばよいからわかりやすい。
このお茶は瑶族やダイ族が食事の共に飲んでいるだけで遠くへ運ばれてはいないはず。嵩がありすぎて馬では運搬できない。おそらく粉砕して黒茶の原料にしていたのだ。微生物発酵するとさらに嵩が減る。圧延して固めたり竹籠にギュウギュウに詰めたらコンパクトになる。
西南シルクロードの茶馬古道を経て、チベットやインドに行った生活のお茶。
新芽・若葉でつくるお茶とは体感がまったく異なる。
カビの侵食
虫食い
紫葉
茶花
見た目は悪い。
1年以上も茶樹に付いたまま育って老いた茶葉もある。虫食いがあったり、カビの寝食があったり、枯れ葉になりかけていたり。
ところが、お茶の味は見かけとはまったく逆で清らかで柔らかい。苦くも渋くもない。ほんのり甘い。
白茶にもある乾いた草のような香り。
煮るお茶
煮るお茶2
刮風寨の原生林の森の香りがする。
飲んだ後の心地には森の影の涼しさがある。

ひとりごと:
やっぱり森のお茶が一番。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM