プーアール茶.com

農薬について考える その4.

他人の食うもののことなど知ったことか!
というような他人への無関心、思いやりのない心が食品の安全や健康を損なってきた原因と思う。
自分の子供には食べさせたくないものを他人に平気で売ることができる。身内と他人を分けて考えられる。これは今も昔も世界中のどの国の人もそうで、人の本性だからひっくり返すのは難しいだろう。
企業のような組織はむしろそんな人の性質をうまく利用して自己の利益を追求する。
例えば、除草剤メーカーは農家さんのためになっても、農家さんのつくるものを食べる人や、山の生態系のあらゆる産物から糧を得て生活する人のためになるところまでは考えないし、まして野生動物や虫のことなど屁とも思っていない。除草剤メーカーからしたら農家さんは身内で、地域の人や食べものの消費者は他人ということだろうか。
例えば、食品の大手貿易商社は原産国の自然環境が破壊されてダメになってもまた別の国から輸入すればよいし、産地でどんなにひどいことがあっても消費地に知られなければ大丈夫と考えて大量生産されたものを安く売る商売ができる。消費者の健康については関心がない。身内となるのは稼ぎを分けている社内の人や取引先や投資家のみで、あとはみんな他人なのだ。
身内と他人。「内」と「外」をつくることによって自己のモラルの有効範囲を決められる。有効範囲内で”いい人”であればそれでよいとする。
もしも世界が身内ばかりで他人がひとりもいないなら戦争は起こらない。人類皆兄弟なら兄弟喧嘩はしても戦争にはならない。逆に言えば、戦争するために国がある。内と外を国境線で分けて揉め事をつくりたいのかもしれない。
もしかしたら宇宙人も兄弟かもしれない。彼らは兄弟を訪ねて旅行に来ることはあっても侵略という発想ははじめからない。そうするとハリウッド映画は成立しない。世界中の人の心のどこかに外の敵をつくりたい意識が潜むからこそ映画は大ヒットする。
外に敵をつくることで内への愛情を育む。アメリカのマッチョなおっさんヒーローみたいな感じ。この構造でつくられた愛情はどこか安モノっぽい。安モノを見抜く眼を養うために、もっと心理学や社会学が普及してほしい。
ま、宇宙人は冗談として、地球上のあらゆる生きものが身内だと考えることができたら、いろんな問題の解決は早いだろう。たぶん、大昔に仏教はそれを目指した。
ビワ
(無農薬のビワ。親戚から送ってきたもの。)
お茶づくりをとおして生態系のつながりを勉強するにつれ、山の自然と自分のお腹の中の健康はいっしょになってくる。山の自然の調子が悪くなってきたら、そこでつくられるあらゆる食べものの栄養が偏ってきて、それを食べる人のお腹の中も調子を崩して、やがて健康を損なう。
みんなも自分の食べものがつくられている土地の自然を観察してみたらよいのだ。自分のお腹の中が見えてくるから。自分のお腹の中に除草剤や殺虫剤を撒きたい人はいないはずだ。肥料たっぷりでメタボになりたい人もいないはずだ。
意識しなくても人の身体は健康を回復しようと頑張っている。それと同じように、自然も健康を回復しようと頑張っている。邪魔しなければよいだけ。カンタンなこと。
たまたま見たTEDトークにこんなのがあった。
+【ダン・バーバー: 魚と恋に落ちた僕】 
タイトルと内容は一致していない。
スペインの魚の養殖に自然栽培的な手法(餌をやらない。外敵から守らない。自然のままの環境を再現した養殖池。)の成功例を紹介して、現代農業は生態系の資本を有効利用していないのではないかと異議を唱えている。
自分にはこの例のような広大な土地を所有するチカラはない。けれど、仕事を休んで山の健康が回復するのを待つことはできる。農家と相談して小さな森林を守ってゆくことはできる。森林があれば、虫やカビにやられた茶樹は何年か放置していたら免疫力を高めて回復する。その免疫力こそがお茶の薬効や香りにつながることを証明することはできる。
気の長い話だ。けれどこの問題からは逃げられない。お茶がダメなら米もいいしワインもいいなと思っていたけれど、結局同じ問題が待っている。IT業界に転職しようが、ハワイに移住しようが、朝・昼・晩と食べるものの育った自然環境のことを心配しなければならない。自分の身体を心配するのと同じように。
どうあがいても他人ごとにはできない。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM