プーアール茶.com

章朗古樹春餅2016年・黄印 その2.

製造 : 2016年4月7日采茶
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山章朗寨古茶樹
茶廠 : 店長ふじもと
工程 : 生茶のプーアル茶
保存 : 密封
茶水 : 京都地下水
茶器 : 白磁の蓋碗・鉄瓶・ステンレス電気ポット
八角鉄瓶

お茶の感想:
今回入手した鉄瓶はすべて新品。
古びた感じに見えるが中古ではない。
専門店に教えてもらって、なるべく昔ながらの製法のを選んだ。
内側に漆が塗ってあり、漆と鉄が化合してできた黒錆(黒鉄)の膜をつくっている。これによって鉄を劣化させる赤錆の発生が防げる。
茶葉のタンニンと鉄の化合によっても黒錆はできるので、ときどき茶葉を煮て内側の膜を補強するとよい。
それにしても鉄瓶はデリケート。
湯を沸かした後にしっかり乾かさないで濡れたままにすると、次の日にはもう赤錆の小さなスポットが現れる。
茶葉を煮たらすぐにリカバリーできるが、鉄という素材は敏感というか不安定というか、見かけによらないところがある。
鉄瓶の錆
詳しい人の話では、鉄瓶で沸かした湯には鉄イオンが溶け出すらしい。ということは、やはり濃いめのお茶に個性が現れるはず。時間をかけて小さな火で水からゆっくり沸かしたり、茶葉の成分をじっくり抽出するのは有効なのだ。
鉄瓶で湯を沸かすだけでお茶淹れのいろんなバランスが変化する。鉄や水や火や空気の微かなサインを読み取らなければならない。
幼いころは水遊びや砂遊びに夢中になれて、万物と自分とのつながりを確かめていたけれど、大人になってからは水や火や土みたいな元素なやつに興味が薄れてしまうのだな。なぜだろ?あまり賢そうじゃないし、オシャレでもないしかな。
自然観察が楽しめたらお茶淹れは面白い。鉄瓶ならではのデリケートさも味わえるだろう。
そこが味わえないと、お茶淹れがただの作業になってしまう。
作業になると、正しさを求めたり合理的にやろうとしたり、つまらないものにしてしまう。
鉄瓶が機能的かどうか、プーアール茶を美味しく淹れられるかどうか、実はそんなことはどうだってよいのだ。お茶淹れそのものの味わいが味わえるかどうか。鉄瓶ならではの味わいを見つけられるかどうか。味わいの達人になれるかどうか。
章朗古樹青餅・黄印2016年
さて、今日はこのお茶。
【章朗古樹青餅2016年・黄印】
西双版納の孟海茶区から西へ、ミャンマーにかけて分布する古茶樹には共通した苦味がある。
苦くて、その反動で甘い。
この苦味が鉄瓶の湯にどう反応するのかが見どころ。
今回はステンレスの電気ポットと比べてみる。
ステンレス電気ポットと鉄瓶
久しぶりに白磁の蓋碗。
茶葉の重量もちゃんと計ってテイスティングっぽくなった。
鉄瓶は湯が沸くのに25分。
ステンレス電気ポットは3分20秒。
湧いてから、鉄瓶はアルコールランプの小さな火で沸騰状態を保つ。ステンレスの電気ポットは一煎ごとにスイッチを入れて再沸騰させる。
もちろん、鉄瓶の湯に鉄の味がするなんてことはない。念のため。
章朗古樹青餅・黄印2016年
左:ステンレス電気ポット
右:鉄瓶
茶湯の色はまったく同じ。
香りのボリュームにはほとんど差がなかった。
鉄瓶の湯は熱い。
杯を持つ指の感じでは5度くらいの差がある。
2煎め
3煎め
葉底(煎じた後の茶葉)の開き方が1煎めから違っている。写真は2煎めと3煎め。
水質が違う。
鉄瓶のは、口当たりまろやかで喉ごしに潤いがある。
ステンレスの電気ポットのは、”燥”。ドライでカラッとしている。
味わいは、金属の質感のもつイメージ通りで、鉄瓶のは重低音。ステンレスのは高音。音のような響きの違いがある。
ステンレス電気ポットと鉄瓶
苦味は鉄瓶のほうがよい。強いのに優しい。
ステンレスの電気ポットは若い味。鉄瓶は1年ほど保存熟成したような味に落ち着きがある。
なるほど、このような味の出方ならハツラツとしすぎた新しい生茶を飲むなら鉄瓶が適している。
耐泡(煎がつづく)は意外と同じ。
7煎くらい進めても、茶湯の色も味のボリューム感もほぼ同じである。
鉄瓶の煎が前倒しになって続かないというのは、錯覚だったのだろう。
次回は熟茶で試してみる。

ひとりごと:
多くの人がお茶淹れをあまり楽しめていないのではないかとうすうす感じていて、なぜそうなのかと考えてみて、こんな話になった。
機能性や合理性を求めるあまり、お茶入れが作業になる。
作業はつまらないから、いずれロボットにお茶を淹れてもらうようになる。コーヒーマシンがすでにそうか・・・。
なんでもロボットになってゆくと、作業にひそんでいた味わいが減るよな。味わいながら無意識に楽しんだり学んだりしているのに、もったいない。
ロボットメーカーの立場からは、日常に潜む味わいを無駄なこととして、まずは人々の意識から価値を無くしていって、もっとたくさんロボットを売ろうとするだろ。
機能性や合理性や正しさを主張している人は、実はみんなロボットメーカーの回し者で、味わい泥棒なのだ。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM