プーアール茶.com

7581荷香茶磚97年 その8.

製造 : 1997年
茶葉 : 雲南大葉種晒青茶景谷茶区
茶廠 : 中国土産畜産雲南茶叶進出口公司 昆明茶廠
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 磚茶
保存 : 西双版納 乾倉
茶水 : 京都の地下水
茶器 : チェコ土の茶壺・茶杯・鉄瓶

お茶の感想:
もしかしたら鉄瓶と白磁の蓋碗の相性がいまいちかもしれない。
昨日淹れて思ったのだけれど、質感が違いすぎる。
白磁の蓋碗
音が響くように熱が響く。
厚くて重い鉄に響く音と、薄いガラス質の白磁に響く音と、その違いはなんとなく想像できるだろう。
熱もそのように響き方が異なり、茶葉への浸透のしかたが異なり、出てくるお茶の味が異なる。
鉄瓶
鉄瓶肌
この写真を見てもなんとなくそう思うだろ。
白磁と鉄瓶はあまりに異質だ。
鉄瓶の響きはゆったりしていて、チェコ土のマルちゃんの茶壺の波長と似ている。
高温で焼き締められた石のように硬い石器。
チェコ土の茶壺
チェコ土の茶壺
こういう感覚って大事。
うまく説明できなくてもよい。お茶の味という現物でもって自分の感覚をそのまま人に伝えることができる。
今日は熟茶で試すから熱量をしっかり茶葉に伝えたい。保温力のあるチェコ土の茶壺にした。
見かけは異なるが土質はほぼいっしょ。内側の釉薬はなし。
この土質はお茶との相性がよいのか、釉薬なしのほうが素直な味になる。
チェコ土の茶壺2つ
チェコ土の茶壺
公道杯は使わず、チェコ土の茶杯にそのまま注ぐ。
鉄瓶とステンレス電気ポット。
このお茶。
『7581荷香茶磚97年』(卸売部)
7581荷香茶磚97年
1980年代の製法を再現した、ちょっと実験的な作品。
新芽・若葉を避けて成長するのを待ってから采茶したような繊維の硬くなった茶葉の様子がある。揉捻で捻れないから開いたまま。茎の部分も多い。でんぷん質の多い秋茶ではないかと思うが、茶葉は季節や成長度によって成分構成が違うので、微生物発酵の工程にも影響してそれぞれの味になる。
1990年代からの熟茶は、味が濃く体感の熱いのが多い中、このお茶はサッパリしていて体感も涼しい。お腹の底から温まるが、夏に飲んでも暑苦しくはならない。
こういう茶葉のタイプは、遊牧民らがヤカンに煮出してバター茶などにしていたものなので、サッと湯を切るような淹れ方では成分が抽出しきれない。
茶壺で高温を長く維持したい。一煎ごとに湯を切ると茶葉が冷めやすいので、茶杯に注いで残った湯はそのままにして、上から熱い湯を足すようにする。
一煎め
左: ステンレス電気ポット
右: 鉄瓶
3煎めくらいまで、なぜかステンレス電気ポットのほうが茶湯の色が赤い。しかし味のボリュームの差はない。
口に含むと、やはり鉄瓶のほうの湯が熱い。3分以上蒸らし時間があっても鉄瓶は高温を維持している。
味の印象は異なる。ステンレス電気ポットは味や香りがバラバラでまとまっていない感じ。鉄瓶のはまとまっている。
いくつもの茶葉から上質を選ぶための試飲をするとき、口の中に広がる味や香りの方向を見る。方向がはっきりしているのは上等。例えば、上に抜けるとか下に沈むとか左右に広がるとか、どこか決まった方向のあるのがよい。バラバラで方向の定まらないのは上質ではない。そのように評価する。
今回は同じ茶葉なのにこの差が出る。
7煎くらいまで進めたが、茶湯の色の濃さや味のボリュームには差がない。どちらが特別に甘いとか苦いとかいうこともない。鉄瓶のほうが耐泡(煎がつづく)が良いというわけでもない。
ただ、味の印象が異なる。はっきり言えば、終始鉄瓶のお茶のほうが美味しかった。
葉底
葉底(煎じた後の茶葉)は同じ。

ひとりごと:
思っていたよりも鉄瓶は個性を主張しない。
湯が熱いからといって、お茶が濃く出たり特別に香りが立つというわけでもない。なにかを隠すこともない。そのへんあっさりしている。素直に出る。
これなら試飲用のヤカンも鉄瓶にしてよいかもしれない。
ガスで沸かしてアルコールランプで保温というフォーメーションもなかなか良い。
ステンレス電気ポットはもう使わなくなるな。
鉄瓶


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM