プーアール茶.com

刮風寨古樹青餅2016年 その1.

製造 : 2016年4月23日(采茶)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)刮風寨茶坪
茶廠 : 農家
工程 : 生茶
形状 : 餅茶200gサイズ
保存 : 西双版納 密封
茶水 : 京都の地下水
茶器 : チェコ土の茶壺+鉄瓶
チェコ土の茶壺
鉄瓶

お茶の感想:
ヨガを習い始めて3年経つ。
いまだに初心者だが、最近ようやく呼吸を利用して身体の変化を味わえるようになってきた。
頭でわかっていても身体ではわかっていない。口で言うのはカンタンでもやれるのとは違う。だから時間がかかる。
それでもまだ慣れていないせいか、かなり集中力がいる。油断するとただのストレッチ体操になる。
上海での「体感を探る」がテーマの勉強会は、ヨガと同じように身体の変化に注目する。お茶を飲むごとに身体のどこかに起こっている変化を見つけなければならない。
お茶のほうになにかを見つけるのではなくて、自分の身体のほうになにかを見つける。
そこが医食同源を理解するのに大事なところ。
------------------------------------------------
試飲する茶葉の一部
刮風寨古樹晒青茶 2017年4月 生茶 春 新葉
刮風寨古樹青餅 2016年4月 生茶 春 新葉
刮風寨単樹小餅 2016年4月 生茶 春 新葉
刮風寨冬片老葉茶 2016年12月 生茶 冬 老葉
------------------------------------------------
刮風寨は「茶王樹」と「茶坪」が古樹の二大群生地であるが、上の4つのサンプルはすべて茶坪のもの。茶坪の同じ斜面の半径20メートルくらいにある古茶樹から採取している茶葉。
条件が絞られていてサンプルとして優れていると思う。
以前に読んだなにかの本で、どこかの大学が緑茶とプーアール茶のミネラル分の違いを検査していたけれど、どうやら緑茶とプーアール茶のサンプルは違う産地の茶葉なのだ。同じ茶地の同じタイミングで摘んだ茶葉で緑茶とプーアール茶をつくりわけて検査しなければ意味がない。製法によるミネラル分の差は見つからないはずだが・・・。
どこかの大学が小遣いをもらって太鼓持ちしたのだろう。専門家にもニセモノはいる。
サンプルB
『刮風寨古樹青餅2016年』
今日はサンプル2番めのお茶を試す。
広東の茶友が刮風寨に泊まり込んでつくったもの。そのとき自分は現場にいなかったが、毎日のように茶友から報告を受けていたので手に取るようにわかっている。その後の圧餅の加工は参加している。
2016年4月23日采茶。春の旬をちょっと外した遅めのタイミング。それでも2016年の初摘みである。森の中の古茶樹は新芽の出る時期がやや遅いのが多い。
季節は雨季に入ったところ。雨を避けて晴れの3日間続く(続きそうな)タイミングを見計らって茶摘みを依頼して鮮葉を仕入れる。茶友はもちろん茶坪の森に入って茶樹の下で監視している。
天気が思わぬ方向に変化したら天日干しの製茶がうまくゆかないけれど、この日はうまくいった。
葉の色が薄い
新芽が大きく育って、黒く変色した若葉の色が薄い。
茶葉の水分量が多いため殺青の鉄鍋炒りで焦がすことも少ない。揉捻がしっかりかからないので茶葉がより大きく立派に見える。
サンプルB
サンプルB
早春の、ひとくちでパッと燃え上がるような茶気はないが、春っぽい陽気はまだある。
早春に比べると茶酔いのアタリは穏やかで飲みやすい。
呼吸。鼻の通り。息の温度。心臓の鼓動。舌や口の中の力のかかっているところ。喉から胸の通り。ゲップ。おなら。腹への収まり。耳鳴り。眼の光の感じ方。頭の血の巡り。手足の血の巡り。手足の筋肉。首の筋肉。肩の筋肉。背筋の筋肉。汗のかき方。眠気。覚醒。などなど気付くところはいろいろあるはず。
これを訓練してゆくと、ふだんの食べものや飲みものの良し悪しは、自分の身体が見つけてくれるようになる。
葉底
葉底(煎じた後の茶葉)は、茶葉の質を見ることもできるが、お茶淹れの良し悪しを見ることもできる。

ひとりごと;
酒は3日欠かせてもヨガは3日欠かせない。
いつのまにかヨガのほうが酒よりも気持ちのよいものになっている。
個人の体質だが、自分は上火しやすい。上火とは身体に熱がこもること。
上火するとまず眠りが浅くなる。全身がだるくなる。ものを食べるときに舌や唇の内側を噛んでしまったり、口内炎ができたりする。鼻水が出る。喉が乾いてガラガラ声になる。風邪の初期症状と勘違いしてカロリーの高いものを食べて体力をつけようとすると火に油を注いで長期化する。こうなるとお茶もダメで、どんなに身体に涼しいタイプのを選んでも症状が治まらない。
西瓜(スイカ)を食べるのが熱を取るのに早いが、ハウス栽培したものや肥料をやりすぎているものは「涼」の効果が薄れているので効かないこともある。
最近発見したのだが、ヨガは上火を鎮火させるのにも効果的である。
1時間半ほどかけてゆっくり基本動作を味わうようにする。呼吸をお腹に送り込むの動作が効くのだが、どういう仕組みで熱がとれるのかわからない。なにかに解放されるようにスーッと気持ち良くなる。その日の夜はぐっすり眠れる。
頭で知るより先に身体を動かすことからはじまるヨガは、頭が先になりがちなお茶よりも医食同源を知るのにも有効かもしれないな。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM