プーアール茶.com

一扇磨単樹B春の散茶2015年 その4.

製造 : 2015年03月20日
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)一扇磨
茶廠 : 漫撒山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 散茶
保存 : 西双版納 密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : チェコ土の茶壺+鉄瓶
龍眼の木の炭
炭の火

お茶の感想:
龍眼の木の炭をもらった。
前回使った核桃炭とはちょっと性質が異なる。火力がある。焼肉とか焼き魚に使うようなタイプで、カンタンに言えばちょっと安モノなのだな。ニオイもちょっとある。炭にまんべんなく熱がまわって白くなってくると火力が安定してニオイもなくなるが、室内には向いていない。
西双版納は気温26度なので、窓を全開にして炭を使う。
天気悪い
そろそろ雨季の終わる頃だが、まだ天気の悪い日が多い。
茶葉の整理をしていたらこのお茶が残りわずかだったので飲み切ることにした。
『一扇磨単樹B春の散茶2015年』(卸売部)
単樹Aのほうが上等だったが、今から見るとBのほうもなかなか。
炭で炙る
単樹B
茶葉の温度を少し上げて水分を逃がす。
焙煎ほどではない、ただの乾燥。
こうすると香りが立つ。茶壺の中に入れて茶葉を蒸らしてから湯を注ぐのだから茶葉はまた水分を取り込むのだが、香りは違う。
銅の溶けたもの
茶針の枕にしているのはタイの骨董屋さんで見つけた銅の溶けたもの。
骨董屋さんの言うには、仏像の台座の部分らしい。
お茶セット
チェコ土の茶壺
鉄瓶
お湯を注ぐ
茶を注ぐ
葉底
沸き立ての湯は96.5度くらい。景洪市は海抜560メートルくらいなので100度にはならない。
生茶は茶葉を煮やすと渋味・辛味など嫌な味が出やすいが、鉄瓶+炭火の組み合わせは煮え味が出にくい。
かといってちょっと冷ました90度以下の湯で淹れるとキリッとしない。
沸き立てのグツグツの湯なのに穏やかな熱の響き。
また耐泡がよい。7煎を超えたくらいの味がしっかりしている。
白い炭
炭炉の上蓋
鉄瓶1リットル弱の水でお茶を飲みきるのにちょうど良い炭の量がわかってきた。
炭炉には上蓋があるので、この予熱で鉄瓶を乾かして、茶器も乾かせる。

ひとりごと:
雲南の陶器に詳しい茶商友達がサンプルを持ってきた。プーアール市の土らしい。
茶壺
煮水
茶葉乾燥
雲南省は山ばかりでいろんな地層があって、茶器に適したのもたくさんある。
これから探ってゆこうと思う。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM