プーアール茶.com

勉強会・上海 生茶の加工 12月16日・17日

餅茶を炙る
煮るお茶
中国語メインの講義です。日本語の補足もします。

内容:
生茶のプーアール茶は”寒”の強いお茶。
とくに寒い季節には気持ち良く飲めません。
生茶は産地から消費地に運ばれる間のどこかの時点で、自然な変化や二次加工を経て、”寒”から”温”へと性質を変えていました。
圧延加工、火入れ、微生物発酵。
2017年の春の晒青毛茶に手を加えて、変化のいくつかのパターンを実際に味わってみます。

参加費:
ひとり400元

場所:
上海 天山茶城 1階のお店
中山西路520号天山茶城1252 云元谷 
玉屏南路の天山茶城正門から入ってまっすぐ35メートルほど。右側の店。

日時:
12月16日 土曜 午前10時から 3時間半ほど
12月17日 日曜 午前10時から 3時間半ほど
どちらか。

予約:
募集終了

お茶を飲むとお腹が減ります。
事前にお腹を満たしておいてください。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM