プーアール茶.com

勉強会・京都 味を知る その1.2月12日

味を見る

テーマ:
2007年頃からはじまった生茶の上等の観点「茶樹と茶葉の健康」を、お茶の味からどのように解釈するのかを学びます。
西双版納の高級茶を扱う一部の茶商が使う用語、例えば、凉・烈・软・燥・清・爽・滑・刮・寒・化掉・生津・回甜などをお茶の味を通して解説します。
舌に経験を積むために、当店では売り切れた品や非売品クラスの生茶をいくつか飲みます。

日時:
2月12日 月曜祝日 午後2時から6時頃まで

場所:
京都 岡崎 好日居(地図)

茶単:
弯弓古樹青餅2014年
弯弓単樹A春の散茶2015年
刮風寨単樹小餅2016年
困鹿山単樹の散茶2016年
など。当日まで変更することがあります。

注意:
お茶をたくさん飲むのでお腹に負担がかかります。お昼ごはんをしっかり食べてきてください。
試飲の邪魔になるのでお菓子を食べません。
味のついていないバケットパンのみご用意いたします。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM