プーアール茶.com

92紅帯青餅プーアル茶 その6.

製造 : 1992年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村古茶樹
茶廠 : 西双版納孟海茶廠(国営時代)
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 香港ー広州ー上海 その後密封
茶水 : 京都の地下水
茶器 : チェコ土の茶壺・鉄瓶・炭火
上から着火した炭
火が下に潜る
鉄瓶と瓶掛
温め

お茶の感想:
先日の『紅絲帯プーアル青餅96年』と『92紅帯青餅』を続けて飲んでみた。
+【紅絲帯プーアル青餅96年】
+【92紅帯青餅】
1996年のお茶と、1992年のお茶。
熟成は1996年の『紅絲帯プーアル青餅96年』のほうがすすんでいる。保存環境の違いもあるが、それよりも茶葉の性質の違いが大きく熟成のすすみ具合に影響していると思う。
”7542”の「紅絲帯プーアル青餅96年」と、”7532”の「92紅帯青餅」。
92紅帯青餅
茶葉の等級の違いが品番に現してあるが、これについて詳しく知りたければ過去のお茶のページからいくつかを参照してほしい。
+【過去に紹介したプーアル茶】
カンタンにういと4級と3級。7532のほうがより小さな新芽・若葉を多く配合してある。
どちらも国営時代の1970年代末頃から1990年代中頃までに出荷量の多いお茶だったが、もちろんその中にピンキリがあって、ある年のある出荷分だけ優れていて、それ以外のおそらく9割はたいしたことなかったはずだ。
その理由はカンタンで、産量の少ない早春の新芽・若葉が多く配合されるのは、そんなにたくさん作れないから。
餅面(餅茶の表面)から早春の新芽・若葉の上質を見分けるのはカンタン。
金芽と呼ぶ新芽が爪の先ほど細かいこと。若葉が黒々と深い色をしていること。
金芽と呼ぶ新芽が2センチ以上も大きく育っていて、若葉の色が薄く黒に深みが無いのは、早春のタイミングを外したものなのでたいしたものにはならない。春の産量の9割以上がそんな茶葉だから仕方がない。天候不順で美味しいお茶はできない年もあっただろう。
4級の”7542”は出荷量がとくに多いお茶だったが、その中で早春の新芽・若葉がたっぷり配合されたものは、ぱっと見て3級の”7532”との見分けがつかないくらい細かな茶葉だったから、4級の”7542”だから早春の純度が低いというわけではない。
金芽と呼ぶ新芽が爪の先ほど細かいこと。若葉が黒々と深い色をしていること。
茶葉
今、産地に入って茶摘みを経験してわかることは、これを採取するのは茶樹の手入れが必要であるということ。
このお茶で確認済み。
+【易武春風青餅2011年】
近年狙っている野生に近い状態で育つ茶樹では、このような茶葉を採取するのは難しい。野生に近くなるほど晩春に芽が出ることと、等級分けできるほどの産量が無いことで、まず不可能だろう。
茶樹に日当たりを良くして、台刈りや剪定で枝分かれを促して、新芽の数を増やさなければならない。しかも、乱獲して栄養が薄まると若葉の色は薄くなるから、せいぜい一年一采くらいに収穫を制限しなければならない。人為的な栽培となる。
このことから、昔と今とでは価値感というか、茶葉に求める理想が違うことに気がつく。
時代が違うのだな。
自然の恵みが無尽蔵だった時代。経済がまだ世界征服を果たしていなかった時代。お茶が男の嗜みだった時代。
時代背景をふまえて『紅絲帯プーアル青餅96年』と『92紅帯青餅』とを見ると、”7532”の『92紅帯青餅』のほうが男らしいお茶だと思う。
92紅帯青餅
92紅帯青餅
92紅帯青餅
茶気が強く、それに伴う苦味・渋味が効いていて辛口。ひとくちで目の前が別世界になる茶酔い。
その点で、”7542”の『紅絲帯プーアル青餅96年』は芳醇な甘さがあって美味しいが、その分だけパンチ力に欠ける。耐泡(煎が続く)が良いが、その分だけ未練が残って消えるはかなさに華がない。
お茶の茶気はお酒のアルコール度数と似ている。
強い酒を好まない女性が酒の嗜好を変えてゆくように、高級茶もまた強い茶気を好まない女性がお茶の嗜好を変えつつある。
高級茶をつくりたければ女性の意見を聞いちゃいけない。モテようという下心があってはいけない。
一般的に女性は茶葉にお金を使わない。道具や衣装など他人に見せるところにお金を使う。お茶の味わいと人の心の動きみたいな得体の知れない”美”に価値を認めないのだ。
「なぜもっと頑張らない?」「もっとこうしたら良いのに!」・・・と、当店の運営にアドバイスをくれる日本の友人たちに、ゴニャゴニャ言ってお茶を濁すばかりだけれど、たまにはスッキリ回答したい。

ひとりごと:
消えの美しさと余韻と、仕事もお茶の味のように美しくありたい。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM