プーアール茶.com

丁家老寨青磚2005年 その1.

製造 : 2005年4月・5月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)丁家老寨古茶樹
茶廠 : 農家+景洪の茶商
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 磚茶
保存 : 西双版納 紙包み 竹皮包み
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 宜興紅泥壺・鉄瓶・炭
丁家老寨

お茶の感想:
2018年の春は丁家老寨に行くことにした。
天気予報を見て山に入るタイミングを図っているところ。
他の有名茶山と同じく丁家老寨の古茶樹も乱獲がたたって、ここ3年くらいのお茶の味はパッとしない。
しかし今自分の勉強したいところは慣れた茶山にある。
スレていない茶地を求めてあちこち車を走らせている現地の茶商たちが見つけてくる茶葉には魅力があるけれど、これを一から理解するのには年数がかかる。晒青毛茶をサンプルとして分けてもらって、手元で熟成させながら定期的に試飲して変化を見て、はたして生茶のプーアール茶として適切な品種なのか?製茶ができているのか?熟成変化に魅力があるのか?
手元のいくつかの生茶だけでもこれらの観察は手間と時間がかかっているので、これ以上手を広げると仕事の質を落としそうだ。
2012年のこのお茶でさえ6年経っている現在でもまだ謎が多い。
【丁家老寨青餅2012年 】
丁家老寨青餅2012年
丁家老寨青餅2012年
熟成変化はおおむね良好。
西双版納に在庫しているのは、はじめの1年間の保存でちょっと湿気ているが、質が落ちたと言えるほど明確に悪いこともない。香りの立ち方がやや鈍かったり、味に酸味が加わったりするが、一年中気温の高い地域なので、もしかしたら乾燥に気を付けていてもこのくらいの変化はあったかもしれない。
漫撒山(旧易武山)の古い品種の茶葉は先人がしてきた1950年代以前からの長期熟成の実績があるので、この点でカタイ。過去の銘茶のサンプルさえあれば熟成具合を比較できる。
茶摘みと製茶がまだよくわからない。茶樹の栽培にもなにか関連しているだろう。
易武山一帯のお茶を専門にしている茶商なら、過去に一度は丁家老寨のお茶を手がけてサンプルを手元に残している。サンプルというよりは売れ残りで、西双版納の気候と不注意な倉庫管理が災いして湿気させて品質を下げているが、そこは差し引いて茶葉の性質に注目してみる。
丁家老寨青磚2005年
『丁家老寨青磚2005年』(仮名)とする。
2005年のはちょっと珍しい。
2006年・2007年にプーアール茶バブルと呼ばれる相場の高騰があったが、価格の高騰は乱獲につながる。
一般的な農作物は豊作貧乏で、沢山収穫されすぎると価格を下げるのが普通だが、茶葉は長期保存ができるせいかそうならない。価格が上るほどに品質が下がるという矛盾が生じる。
2005年はまだプーアール茶ブームが中国大陸全土に広がっていない時代。昔から飲んでいた南方の人たちが主に消費していたので、生産量は今ほど多くなく、新しく森を切り開いて茶地をつくったり、年に3度も4度も茶摘みをするような乱獲は必要なかった。易武山なら「麻黒」や「落水洞」くらいが有名で、「丁家老寨」となるとお茶ファンでも知らない人が多くて、農家は茶商のオーダーがないと茶摘みをしないこともあったくらいだから、茶樹は健康だったはず。
丁家老寨青磚2005年
丁家老寨青磚2005年
剪定や台刈りによって枝や幹が詰められると枝の分岐が増えて一本の樹から採取できる茶葉の量は増える。しかし古茶樹特有の滋味深さは失われる。
2005年のこれはまさに滋味深い。茶湯が口に溶けるようになじんで、すっと喉を滑り落ちて、お腹の底を温める。舌に残る苦味・渋味の消えの速さがよくて清潔感がある。心配していたほどに湿気た影響が悪く現れていない。
そうなのだが、お茶のお茶たる風味が弱い。なんだか眠い。
この眠さは丁家老寨のお茶の特徴かもしれない。
この2005年のはあきらかに茶摘みのタイミングが悪い。「春のお茶だ」と茶商は言うが、おそらく夏の雨季に入った5月の2番摘みだろう。
丁家老寨青磚2005年
丁家老寨青磚2005年
香りが無いし、茶気も充実していない。
ただ、それが眠さの原因じゃない。
2012年の早春に采茶した『丁家老寨青餅2012年』にもこの眠さがあるから。
丁家老寨青餅2012年
味比べ
左:丁家老寨青餅2012年
右:丁家老寨青磚2005年
比べてみると香りも茶気も2012年のが圧倒的に強い。でもやはりなんとなく眠い。
こういう品種特性かと思う。これでいいのかもしれない。
茶葉にしっかり熱が入る3煎めくらいになると香りがキリッとしてくる。外から薫るのではなくて吐く息にほんのり薫る香り。この香りが出てくると嬉しい。はじめの1杯めからフルパワーで薫る小葉種の、例えば「倚邦山」のお茶よりも心理的な作用が働いて、香りにありがたみを感じる。ささやくような香りは聞くほうの意識を集中させるので、3煎め以降の変化にも敏感になる。また、この香りには連想させるものがない。花とか果物とかがすぐに浮かんでこないから、言葉がいらない。
お茶の味の審美眼が、昔の人と今の人とでかなり異なるのではないかと思う。
昔の人のほうが詩人だったので、お茶の味わいに心のゆらぎを任せて楽しめたにちがいない。
どのお茶の香りが強いとか、渋いとか苦いとか、煎が続くとか、なにかに似ているとか、そうではなくてどのお茶が美しいか。
美の鑑賞は感じる側の人の有り方が問われる。
千利休の時代の黄金の茶室に秀吉の貧しさをうっすら感じてしまうように、例えば曼松のお茶の派手な風味にはそれを好む人の未熟さをうっすら感じてしまう。(曼松は西双版納旧六大茶山のひとつで、清朝の時代に皇帝ブランドの冠が付けられて国内外の都市に売られていた。現在また人気が上がっている。わかりやすい強い香りが特徴。価格は高騰して毎年話題になる。ニセモノもあふれている。)
美にはこういう面もある。
人の心の卑しさみたいなところを美の学びから指摘できるのは、教育の成熟した社会があるからこそ。
もういちどこのへんから勉強しなおさないと、昔のような美しいお茶はできないよな。お茶の道具もそうだろ。
つくる側の問題ではなく、流通の人も、消費する人も。みんなの学びが必要になる。
葉底
左:丁家老寨青餅2012年
右:丁家老寨青磚2005年

ひとりごと:
コーヒーやワインの社会では、科学や経済の話に詳しい専門家ほど偉いように見えるが、お茶の社会でそうなっちゃダメだろな。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM