プーアール茶.com

刮風生態青餅2018年 その1.

製造 : 2018年4月11日・13日(采茶)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)刮風寨小茶樹
茶廠 : 店長と茶友たち
工程 : 生茶
形状 : 餅茶180gサイズ
保存 : 西双版納
茶水 : タイのミネラルウォーター
茶器 : 宜興の茶壺・チェコ土の杯・ステンレス電気ポット
はじめのトンボ
トンボと空
メコン川とトンボ

お茶の感想:
この春、刮風寨の小茶樹でつくった生茶。
+【刮風生態青餅2018年】
よいお茶だと思う。
泡茶
水滴
若い生命力にあふれている。
味が見えないくらい透き通っている。
香りは朝の空気のように身体を浄化する。
雰囲気があるので、人それぞれに景色を見ると思う。
そんな想像力の空白のあるお茶。
甘いとか苦いとかなにかに香りが似ているとか、具体的な表現でつまらないものにしたくない。誰もが子供の頃には持っていた霊的な感覚が目を覚まして、少し黙って鑑賞したい気持ちになるだろう。
原料となる茶葉の素質はもちろんだけれど、この味には製茶の成果も現れていると思う。
そんなに特別なことはしていない。
黄印や緑印のように気合いを入れたわけでもない。
茶友たちは刮風寨のお茶づくり3年目で、もっとこうしたいああしたいという欲も出てきて、経験と工夫も積み重なって、鮮葉を目の前にしていざ製茶をはじめるときに頭の中にいろいろ考えを巡らせていたと思う。
でも、自分ははじめてだった。
同じ漫撒山の丁家老寨や一扇磨のお茶が近いから、とりあえずその経験をもとに製茶してみるしかない。
泡茶の茶葉
泡茶
はじめの殺青の5鍋分くらいは生焼けだったり焦がしたりして失敗している。
とにかく、刮風寨の鮮葉に自分を合わせるのが精一杯で、自分なりの工夫を凝らす余裕なんてなかった。
無心だったわけだ。たぶんそれが良かった。
自分から意識して無心にはなれない。意識していないから無心なわけだし。
この次に刮風寨の製茶に無心になれるときが来るとしたら、もっともっと経験を積んで、鮮葉を目の前にしたときに考えるより先に身体が動くときだろう。
ということは、それまではスランプになって悩む期間があるのかな?
ま、今からそれが分かっていたらちょっとはましだろう。
葉底
葉底(煎じた後の茶葉)
焦げもあるし軽発酵ムラもあるし、透き通った味が説明できない。
こういうのが好き。

ひとりごと:
今日はトンボの日だった。
トンボの群れ
トンボ拡大
トンボ
斑のトンボ


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM