プーアール茶.com

孟海旧家紅餅2018年 その1.

製造 : 2018年3月18日(采茶)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県孟宋山小茶樹
茶廠 : 愛尼族の農家
工程 : 紅茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納
茶水 : 京都の地下水
茶器 : チェコ土の茶壺・景徳鎮の茶杯・銅のヤカン+炭火
銅のヤカン
チェコ土の茶壺

お茶の感想:
先日紹介した緑茶のような生茶と同じ原料でつくられた紅茶。
+【孟宋新緑散茶2018年 その1.】
生茶は采茶のタイミングが早すぎると評価していたが、紅茶はどうだろ。
当店の紅茶を甘い紅茶と苦い紅茶に分けると、このお茶は苦い紅茶。
早春の苦味といい、ツンと尖った香りといい、涼しさは満点。
生茶のプーアール茶は、7煎でも8煎でもダラダラ続けてじっくり味わいたいファンが多くて、その期待があるので摘み時が早い新芽・若葉はちょっと物足りない。そういう見方で評価されてしまう。
しかし紅茶ならこれはアリと思う。
緑茶のようにパッと気分を変えるつもりのお茶。
1・2煎めの鮮烈な印象が勝負どころ。
もちろん、4煎でも5煎でも続けて飲めるし、だんだん甘くなってくるけれど、このお茶ならではの個性はなくなる。
餅面
農家の若者が当店の紅茶の製法を参考にして自己流で軽発酵させている。
プーアール茶のように圧餅する当店の紅茶は、圧餅工程での変化を計算して、晒干で散茶が仕上がる時点では軽発酵がちょっと足りないくらいに仕上げるが、農家の若者はその加減がわからない。散茶になった段階ですでにしっかり軽発酵がすすんでいるので、茶醤と呼ぶエキスに粘着力が無くなって、圧餅がうまくゆかなかった。
圧餅失敗したのが3枚ほどあるので、崩して出品することにした。
(餅茶の崩し売りを嫌っている当店としては珍しく崩しを出品。)
孟海旧家紅餅2018年
これぞ春の紅茶!という風味で、完成度は高いと思う。
すでに当店の圧餅の紅茶ファンになっている方からしたら、プーアール茶らしさがちっとも無いから満足できないかもしれないが、紅茶の味に正しさを求めるならこっちだろう。
晒干(天日干し)だけで仕上げた紅茶にしては、メイラード反応のチョコレート風味のコクもしっかりしている。
対象的に、甘い紅茶はこれ。
+【刮風生態紅餅2018年】
茶葉が大きくて、茎の部分が長くて、そこから成分を抽出するのに1・2煎では足りない。3煎・4煎と深くなってゆくプーアール茶っぽい紅茶。
気分に合わせてチョイスするために、両方あったほうが良いけれど・・・。
葉底
ところで、『孟海旧家紅餅2018年』の「旧家」は、昔の村の意味。
山奥の村でなにしているのかわからない人たちがいるのは政府としては管理しにくいから、政策で国道に近いところに新しい村をつくって引っ越してもらって、数年前から新しい村で生活している。
茶摘みのときだけ山奥の古い村の近くの茶地に通う。
その古い村のことを「旧家」と彼らは呼んでいる。
また、孟宋山なのに孟海としたのは、西双版納には孟宋という地名のところが3つあって、そのうちの孟海県の孟宋山を表すため。

ひとりごと:
春の終わりに孟海県の孟宋山の村へ行った。
鳥居
鶏
囲炉裏
農家の若者が鶏料理を御馳走してくれた。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM