プーアール茶.com

章朗古樹紅餅2016年・青印 その6.

製造 : 2016年4月6日采茶
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山章朗寨古茶樹
茶廠 : 農家+店長ふじもと
工程 : 紅茶
形状 : 餅茶
保存 : 密封
茶水 : 京都の地下水
茶器 : チェコ土の茶壺・炭火
鉄瓶縦長
チェコ土の茶壺
夏の空

お茶の感想:
暑さで内蔵が疲れているせいか、生茶のプーアール茶がちょっと辛い。
熟茶はお腹をいたわるけれど身体の熱がこもってスッキリしない。
なので紅茶。
+ 【章朗古樹紅餅2016年・青印】
みんな同じことを感じているせいか、なぜか今年の夏は紅茶の注文が多い。
章朗古樹紅餅2016年・青印
晒干で仕上げた涼しい体感が夏にピッタリ。
とくに巴達山章朗寨のは苦味がキリッと立つので味もまた涼しい。
生茶に比べるとおっとりしていてお腹への収まりもよい。ミネラルを採って熱中症予防にもなる。
こういう効果は熱いお茶を飲まないと得られない。消化のシステムがそうなっているからだと思う。
ねっとうをかける
飲んでしばらくすると身体のいろんなところにジワジワ快感が現れてくる。
個人によって現れ方が異なるから、各自が自分を観察をして、飲むべき量や飲むべきときを選ばなければならない。
飲んだ後の感じ、食べた後の感じ、それが大事。
味わうポイントは舌先ではなく体感。そうじゃないとわざわざ高価な古茶樹のお茶を求める必要はないだろう。
注ぎ
西双版納の古茶樹にもピン・キリがあるのは、山の気候や土質や周囲の森林の健康や栽培の自然度や采茶のタイミングを追求したことがそのまま体感の質となって現れるからであって、そこを味わえなかったら価値がなくなる。
難しいことを言ってはいない。飲んで気持ち良くなる度合いが高いか低いかだけのことだから。
こういう話はこのブログでも何度もしているけれど、何度も繰り返さなきゃならないのだろな。脳の理解のシステムがそうなっているからだと思う。
舌先や鼻先だけで評価したら、この紅茶は同じ巴達山の生態茶の『巴達生態紅餅2016年』に負ける。約半額の紅茶に負けるわけだ。
茶湯の色
実際、世界中の紅茶のほとんどは背を引く仕立てた灌木の茶樹であるが、経済合理性によって美味しさだけを評価をして、体感の良し悪しを忘れてしまって、古茶樹はリストラされたのかもしれない。
舌先や鼻先だけを喜ばせるものから本当の快感を得られるわけがない。

ひとりごと:
ヨガは快感の運動。
お茶は快感のクスリ。
快感を追求していたら医療費は確実に減らせる。
みんなの好きな経済合理性もあるのに、なぜみんなそうしないのだろな。
チェコ土の茶壺と皿


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM