プーアール茶.com

漫撒一水紅餅2016年 その3.

製造 : 2016年4月3日
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)香椿林
茶廠 : 店長+孟海県の工房
工程 : 晒干紅茶
形状 : 餅茶180gサイズ
保存 : 密封
茶水 : 京都の地下水
茶器 : チェコ土の茶壺+鉄瓶+炭火
炭火
鉄瓶
鉄瓶

お茶の感想:
朝起きて湯を沸かしてお茶を飲む。
仕事柄それが日課で、たいがいひとりで静かに飲むのだが、ひとりで居ても心は騒ぐ。黙ったまま心の中でおしゃべりしていることのほうが多い。静かになりたいのになれない。
ヨガには瞑想の術があるけれど、自分はまだ習得していない。
でも、お茶があるから大丈夫。
心のおしゃべりをピタッと止める陰涼のお茶。
漫撒山の深い森の陰で育った茶樹のお茶。
+【漫撒一水紅餅2016年】
漫撒一水紅餅2016年
お茶の性質には個性があって、例えば同じ森のお茶でも巴達山章朗寨のでは静かになれない。むしろもっとおしゃべりになる。
なにがどうなってこうなるのか理屈はわからないが、心に及ぼす作用に違いがあるのは確かである。
漫撒山の森のお茶は生茶でも紅茶でも同じように心を静める。三杯めには心が黙ってしまう。ということは製法ではなくて原料の問題か・・・。
昔の人はこのことに気がついていたのではないかと考える。
お茶が快楽のクスリとして嗜まれていた時代。心に及ぼす作用が鑑賞され、その良し悪し、美しさ、効能の響き、などの評価に議論が重ねられ、多数の意見が一致したところで六大茶山のひとつとして認められるようになったのではないか。
漫撒一水紅餅2016年
雲南省南部からラオス・ミャンマーにかけての山岳地帯には有名茶山でなくても自生の茶樹が森の中にある。美味しいお茶ならいくらでもある。
味と香りだけでお茶を選ぶとなると、数多くの茶地から六つだけ山を選んだり、その地域を六つの茶山に分けたりというのが難しい。体感や心の作用という観点もあるような気がする。
注ぎ
茶湯
西双版納の茶友らが数人集まって漫撒山の森のお茶を飲むと、みんな黙って静かになって、各自がある方向の一点を見つめたままになって、たぶん傍から見たらお通夜のようで、悲しいことでもあったのかと見えるかもしれないが、そうじゃない。われわれは味わい方を知っているだけだ。
勉強会で上海や日本のお客様といっしょに飲むと、勉強会だからなにかしゃべらないといけないとか、なにか質問したほうがよいかもしれないとか、お互いに気を使って無理やり会話をしてしまうが、そんなにしゃべりたくもないのにしゃべるのだから妙に疲れる。
自然に逆らわずに沈黙の勉強会にしてもよいかもしれない。
葉底

ひとりごと:
昔の人は心と身体とを分けて考えない。
心の作用に注意を向けたら、大量生産される加工食品や化学調味料の危なさにもっと早く気付くと思う。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM