プーアール茶.com

老字号可以興茶磚80年代 その4.

製造 : 1980年代
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山
茶廠 : 可以興茶庄
工程 : 生茶のプーアル茶 (陳年茶葉)
形状 : 磚茶
保存 : 香港ー昆明乾倉 紙包み
茶水 : 京都の地下水
茶器 : 宜興の茶壺・鉄瓶・炭火
鉄瓶と炭火

お茶の感想:
お客様から「思っていたような良いお茶ではない。」とコメントを頂いたので試してみる。
『老字号可以興茶磚80年代』(卸売部)
老字号可以興茶磚80年代
老字号可以興茶磚80年代
もともと量産できて安く売れることを目指したメーカーのもので、一批か二批だけ本当に良いが出荷されて、それだけは日本円にしたら数十万円から二百万円くらいで取引されるが、その他のはすべて安値のまま売られている。老茶の中でも評価の低いお茶であるが、それが正しい評価だろう。
茶葉は表面だけ新芽・若葉に見えるが、ほとんどがクズ茶葉で、熟成度もバラバラで、いろんな茶葉をかき集めて混ぜ合わせて圧延加工したことが伺える。
茶湯の色
飲んでみると、あんがい良い。
湿気た雲南紅茶みたいな香りもあるし、カビた生茶の苦味もある。しかし、健康的な味。茶湯の色のように味も透き通っている。
甘くもなく苦くもなく。
可もなく不可もなくという絶妙のポジション。ちょっとツウ好みな見方かもしれないけれど、ほとんどのお茶が美味しいか不味いかのどちらかであって退屈なわけだ。その点、このお茶は美味しくもなければ不味くもないチカラの抜けたバランスがなんとも乙なのだ。
なので、美味しいお茶を探している人にはおすすめできない。このお茶は美味しくないのが良いのだから。
そういえば、チェコで勉強会をしたときにこのお茶を飲んで、やっぱりたいして良くないという意見をいただいた。ニセモノじゃないのか?という意見もあったが、なにも考えずにニセモノをつくるとホンモノの品質を超えてしまう可能性があるのだから、そんな可以興の特徴を考えると、あまり意味のない意見だと思った。
茶湯の色
逆に、このお茶に好印象があるお客様は、この味に近いものの体験に好印象があるからだろう。
味が良いとか悪いとかの判断基準は、過去のいろんな飲みものや食べものの記憶に基づく。
ある時代、おそらく1980年代中頃から1990年代中頃までの間に、香港や広東の飲茶のお茶を飲んでいる人、なおかつそれに良い思い出のある人。
現在の飲茶レストランが無料で提供するお茶は、熟茶のプーアール茶(メーカーで微生物発酵されたもの)になっているはずだが、過去には生茶を強制的に後発酵をすすめて老茶のような味にしたものが多かった。この二次加工は、雲南の産地のメーカーの倉庫で散茶のまま何年か放置するとか、香港の茶荘の倉庫で湿気させるとか、いくつかの手法が試されていたが、中にはダメになったのもあって、カビ臭いプーアール茶のイメージはここから来ている。
中には良いのもあって、豊潤な熟成風味や甘い香りやほろ苦味が加わり、飲茶の点心を引き立てたのもある。
熟茶のプーアール茶はメーカーで完成するから衛生的であるが、身体を暖めるので高温多湿な広東や香港では飲みにくい。
生茶は二次加工されても身体に熱がこもることはないので涼しく飲める。なので現地の人の口には生茶の二次加工のほうが合ったのだろう。しかし、1990年代中頃に二次加工の不衛生が指摘されだしてから、この手のお茶は消えてゆく。
葉底
『老字号可以興茶磚80年代」のメーカー「可以興」が消えたのも、おそらくそうした需要の変化が影響しているはずだ。(現在はまた同じ名前のメーカーが営業しているが、昔のままのお茶づくりではない。)
今現在、またこういう味のお茶が大量に流通しだしている。
それは、2000年以降に雲南の産地の茶商が倉庫に大量に保管していたもの。ほとんどが売れ残りのお茶で、茶葉の乾燥に気を使わないから湿気ている。
プーアール茶は2000年以降に大陸のマーケットが開けて、新しい消費者が増えたから昔の良いほうの熟成味を知らない。だからあんがいこういうのでも売れる。
その中から良いものを見つけたことがあった。
+【漫撒茶山黄金葉熟餅05年 その2.】
そういえばこれ以降に良いのには出会っていない。
ゴミの山の中から宝を探すのは効率悪すぎて仕事にならない。

ひとりごと:
プーアール茶を学ぶにあたって自分にはこの人という先生はいないけれど、それでも深く掘り下げてゆくことができたのは、記憶の中に関連付けられる味のデータベースが豊富にあるからだろう。お茶の味の体験が少なくても、他の味の体験を応用して脳が考えてくれる。直感が働くのはそういうことだろう。
ワインやウィスキーの熟成モノの趣味のある人は比較的近いところに体験があるが、発酵食品や保存食品など古い時代の食べものの経験も近いと思う。
昔の人の暮らし、昔の家屋、昔の栽培、昔の道具、昔の味付け、昔の味覚。
おじいちゃんおばあちゃんの財産はもう消えて、父や母には受け継がれていないけれど、自分の脳の中には記録されている。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM