プーアール茶.com

易昌號大漆樹圓茶04年 その9.

製造 : 2004年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村大漆樹古茶樹
茶廠 : 農家+易武山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 密封
茶水 : 京都の地下水
茶器 : 宜興の茶壺・チェコ土の茶杯・鉄瓶+炭
易昌號大漆樹圓茶04年

お茶の感想:
お茶の在庫整理していたら3枚出てきた。
+【易昌號大漆樹圓茶04年】
本部で再出品した。
(この記事をアップする前に売り切れ。9月8日)
易昌號大漆樹圓茶04年
2004年頃のお茶は農家も工房もメーカーも仕事が荒れていたから、現在オリジナルのお茶はこのお茶のクオリティーをはるかに超えている。
それを思うと、現在高級茶をつくる仕事はずいぶん改善された。
このお茶を仕入れたのは2008年だったと思うが、その当時の自分の基準では、これで十分なクオリティーだと思っていた。
お茶づくりに関わり始めた2009年から2018年のあいだに、自分も成長した。
嬉しいような寂しいような。
大きめの茶壺
崩した茶葉
昨日につづいて大きめの茶壺。
崩してあったサンプル茶葉が手元にあったのでこれを淹れてみるが、おそらく餅茶のほうが保存状態が良いので、参考まで。
洗茶
洗茶の湯で茶壺も温める。
洗茶はしてもよいし、しなくてもよいし。
現在のお茶はキレイにつくっているので洗茶しなくてよいが、2004年頃のは・・・。
このお茶は一軒の農家の晒青毛茶からつくって、ブレンドをしていないので、素性のはっきりした原料だからそれほど無茶苦茶なことにはなっていないけれど。
自分は洗茶なしで飲む。
1煎めの味は梅子香。これまでになかった香りが宿っている。
茶湯
2煎めはじっくり抽出。
飲んでみて、ま、こんなものかなと思った。
今になってわかるけれど、たぶん2004年の春の星のめぐりはそれほど良くなかった。旬の茶気の炎は上がらない。茶摘のタイミングが遅い。水質のキメ細かさが感じられずザラザラしている。
でも、どこかホッとする味。
茶壺
煎をすすめると蜂蜜のような香りと甘さが出てくる。しっとりした苦味とのバランスも良い。
葉底
手元のオリジナルの生茶の熟成は、このようにはさせない。
もうすでに違う方向を歩みはじめている。だいぶん距離が空いてきている。
いつかまた思い出したように2004年頃の生茶を飲んで、もっと距離が空いたことを知ると思う。
学べることは無いから、「これからはひとりで行け」と言われた感じ。

ひとりごと:
そのつもり。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM