プーアール茶.com

刮風秋水紅餅2018年 その2.

製造 : 2018年10月18日(采茶)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)刮風寨茶王樹
茶廠 : 農家と店長
工程 : 紅茶
圧餅 : 2018年10月25日
形状 : 餅茶180gサイズ
保存 : 密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 紫砂の茶壺・グラス杯・鉄瓶・炭火
圧餅の蒸し
成形後の蒸し
石型
餅形の厚み
晒干

お茶の感想:
圧餅した後の試飲。
10月25日にしたから、もう2週間経っている。
この数日は朝の11時頃まで曇り空で、それから太陽が雲を蒸発させて昼には快晴。毎日同じ展開。完全に冬の天気になった。
西双版納冬の朝
西双版納冬の昼
あれは雲じゃなくて霧なのだな。地域全体を朝霧が覆っている。
圧餅は12枚のうち2枚失敗。
2枚はゆるゆるでお客様の手元にゆくまで餅形を留めることができそうにないので、崩して40g1袋で出品しようかと思う。10枚はまあなんとか形を留めている。
圧餅
秋茶の繊維の弾力と粘着力のなさと、わかりきっていたことだけど勝てなかった。
春の紅茶に比べて餅形に厚みがあるので、石型の底の窪みのサイズが合わなくて、圧したときのチカラがちゃんと伝わらないのが原因。次回のためにサイズの異なる石型を探しておきたい。
蒸し時間を長くしたらもっとカチッと締まるけれど、茶葉をあまり変化させたくなかったのだ。晒干した後の散茶の仕上がりが思ったよりも熟していたから。
餅面表
餅面裏
鮮葉からこの茶葉はいい予感があった。
2日続けて采茶できて倍の量をつくれたらもっとよかったけれど、摘み時になったタイミングの新芽・若葉がもう無いのだから仕方がない。有ったとしても晒干の最終日は午後から雨になったから、やはりうまくできなかった。
天気が回復した10月末から別の茶山の農家に電話してチャンスを伺ったけれど、すでに新芽・若葉が硬くなっているらしい。柔らかいのを探して選んで摘んでも一日の収穫が5キロに満たないから、製茶がうまくゆかない。
秋のお茶はこれで終わり。
必要以上に魚を獲らないほうが将来の資源が増えるのと同じで、茶葉をむやみに摘まないほうがいい。ま、みんながそうしたら効果があるのだけれど・・・。
鉄瓶と炭火
さて、試飲。
圧餅したてのこの時点では味が出ない。香りも弱い。実力発揮するには少なくとも半年から一年はかかる。
熟成壺に一年間寝かせてから出品することにした。
いや、理想をいうと10年寝かせてから出品するべきなのだ。
熟成してこそ真の味わいが出てくるというのもあるけれど、お茶をちゃんと評価するのには時間がかかるというのもある。一年やそこいらでわかる良し悪しはほんの一部だから。
品評会なんかで高得点のお茶は、その場で評価できるわかりやすい良さを主張するようにつくっているのであって、一年ほど飲み続けてじわじわわかる良さなんて無視されている。評価されないし商品のウリにはならないし経済的じゃない。
ただ、10年となるとお茶の変化よりも人間の変化のほうが大きいよな・・・。
例えば、はじめは良いと思っていたお茶が、しばらく飲み続けていると欠点が見えてきて、またしばらく飲み続けると欠点が欠点ではなくて飲む側の経験不足による誤解だというのがわかってきて・・・という展開が一年のうちにある。そのたびに価格を変えるわけにもゆかないから、一年くらいかけて評価のこなれるのを待つのは妥当だと思う。
一煎め
二煎め
三煎め
茶湯の色
5煎め
ほんわりした感じ。
吸う息・吐く息ごとに薄荷の涼しい風が吹く。
3煎め以降くらいの甘さがなんとも良い。4煎・5煎・6煎・7煎・8煎・9煎・・と甘さが落ちない。ずーーっと飲んでいたい感じ。平日の仕事の終わりに1時間だけお茶するくらいじゃ味わえない。
圧餅前にも話していたけれど、2011年の秋の紅茶そっくり。
+【紫・むらさき秋天紅茶2011年】
古茶樹のお茶は茶山ごとの品種特性がウリだけれど、山の違いを超えてけっこう似ている。製法が同じというのが前提だけれど、雨の多かった年の秋の茶葉の持つ体質が共通しているのだろう。
葉底
これだけ太く長い茎の茶葉を手もみで紅茶に仕上げるなんて、なかなかのものだ。

ひとりごと:
一年のうちに気が変わって、出品しないという展開もありうる。
いや、出品数を減らすという手もある。
やりたい放題だよな。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM