プーアール茶.com

刮風生態青餅2018年 その5.

製造 : 2018年4月11日・13日(采茶)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)刮風寨小茶樹
茶廠 : 店長と茶友たち
工程 : 生茶
形状 : 餅茶180gサイズ
保存 : 熟成壺
茶水 : 京都の地下水
茶器 : 宜興の茶壺・景徳鎮白磁の茶杯・鉄瓶+炭火
国有林の立入禁止

お茶の感想:
今年から、漫撒山の国有林の入り口で北京から来ている森林公安が検問することになった。
一扇磨・弯弓・刮風寨の森の入口3箇所に朝の8時から15時頃まで見張りを立てている。
農家以外の外地人は森への立入禁止。
地元の茶商でさえ許されない。
農家の話では、まだ見張りの立っていない朝の8時前に入ればよいらしくて、茶友らの一部は今年もそうして森に入って采茶現場を見ているが、違法になる。外国人の自分はこんなところで引っかかりたくない。麻薬地帯に近いから意地悪されると命にかかわる。
ちょっと様子見したい。
森に入らなくても村へは行ける。
村で農家の摘んできた鮮葉を待って自分で製茶するのもよいし、農家が晒青毛茶に仕上げたのを仕入れることもできる。
何度も通った漫撒山だから、鮮葉の質はわかる。
けれど、昨年のように采茶から圧餅までのすべての工程を見るお茶づくりはもうできないかもしれない。
残念ながら、ホンモノの森は国有林の中にしか残っていない。
その森のお茶の魅力にイカれちゃったので、もうそれ以外は考えたくないのだ。
鮮葉
今年の春、北京の茶友が刮風寨で茶葉の等級を分ける手法を試みた。
一日かけて采茶した鮮葉を、その日の夜にアルバイト3人が大きく育った葉や茎の部分を取り除いて、柔らかい小さな新芽・若葉だけにする。次の日の早朝に萎凋を終えて殺生する。
鮮葉のうちに小さな新芽・若葉だけを揃えてから萎凋・殺青するのがミソで、なぜかというとカタチや大きさが揃うほど茶葉の含水量が均一にできて、殺青の火の通り具合も、揉捻のよじれ具合も、均一にできるから。均一といっても大きく育った葉や長い茎が多いものと比べたらまだましという程度で、茶畑の茶葉のようには揃わない。
それでも、殺青のムラとなる焦げや生焼けを減らしたり、揉捻で葉に傷をつける原因になる硬くて捩れにくい葉や茎を減らしたり、製茶がキレイに仕上がる効果は容易に想像できる。
一度は試してみたかった手法で、自分はまだできていない。その効果に興味がある。
この実験の費用的な負担を少なくするために、樹齢の若い生態茶を使用している。よいアイデアだと思う。
昨年の秋に見学したところで、刮風寨の村から近いこの森のお茶。
生態茶と森
ほんとうは古茶樹でそれをしたいところだが、高価になるし、もし上手にできてもさらに高価になるのを追いかける消費者はほとんどいないし、需要はないだろう。つくり手のエゴや夢の空回りでできるお茶かもしれない。
刮風寨の生態茶の多くは、茶王樹や茶坪の古茶樹の種を採取しているので、漫撒山の大葉種の古い品種が維持できている。なので茶葉の大きさやカタチは似ているし、効果を確かめるには十分。
試飲したところ、味も口感も充実していた。透明感があって、生態環境の良さが素直に現れている。写真を撮り忘れた。
やや香りが弱い気がした。しかし、これは今年の春のお茶の特徴なので仕方がない。
昨年の刮風寨の生態茶を飲んでみた。
+【刮風生態青餅2018年】
餅面
今年の春の味を覚えているうちにすぐに飲み比べたかったけれど、西双版納にサンプルを残していなかった。
移動に日数がかかって10日間くらい空いてしまった。
けれど、飲んですぐにわかった。
昨年のほうがお茶の味は薄く口感は軽い。
今年のほうがお茶の味が濃く口感が重い。
もしも西双版納で飲み比べたら、今年の春のほうに軍配を上げたかもしれない。
茶壺
しかし、ここでちょっと考えた。
どこか心にひっかかるものがあった。
もしかしたら、この見方はあくまでも産地の価値観であって、遠く離れた消費地の価値観ではないような気がしたから。
お茶づくりは、産地が半分、消費地が半分。
自分自身が身を置く場所によって別人になっている。
味が薄くて口感が軽いことがマイナスポイントにはならない。独特の味わいが生じている。舌や鼻の味わいではなくて、心を動かす印象の味わい。春の陽気とちょっと冷たいような風を表現するなら昨年のお茶だろう。
味が濃くて口感が重いと、味そのものに気を取られて印象は薄れる。
こういう見方が現地ではできない。その審美眼はない。
都市生活に身を置いていろんな文化に触れているうちに、ちょっとずつ勘が戻ってきて、見え方が変わってきて、やっと気付く味わい。
茶湯
産地の農家や地元の茶商にわかるわけがない。お茶は飯のタネでしかない彼らが評価するのは味も口感も香気もすべてにおいてボリュームのある実質的に分かりやすい品質であり、印象の味わいについて語ることなどない。
おかしなことに、情報技術が進化した現在は都市も産地も同じ価値観が普及している。SNSなどで情報がリアルタイムで拾えて、現場のナマな情報がチカラを持って、みんなが田舎者の立場になってお茶を評価する。
ものごとを見たり考えたりするのに影響を与える社会環境は、産地と都市とでは大きく異なる。心理的な立ち位置は違うはずなのに、見る角度がそれぞれ違うはずなのに、同じものを見て同じ評価をしているかのように錯覚する。
産地と消費地が距離的にも心理的にも離れたギャップから生じたファンタジーは、もう過去の遺産。

ひとりごと:
中二(中学二年生)の甥っ子に、中二病だと診断された。
難しい理屈をこねたり、違いがわかると背伸びした自己主張をしてみたり、無駄なエネルギーを消費している。
たしかに症状が一致している。
みんなが中二病になったら面白いのにな。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM