プーアール茶.com

チェコのマルちゃんとお茶談義 7月8日・9日

このイベントは終了しました。
後片付け

7月12日からマルちゃんの展覧会があります。
------------------------------------------
京都の栖賢寺
+【庭 陶 茶 と マルティン ハヌシュ】
日程:
7月12日 金曜
7月13日 土曜
7月14日 日曜
------------------------------------------

ひとりごと:
子供の頃の夏休みみたいに遊びのプランがたくさんありすぎて寝る間がない。
眠い。眠いのにイベントが終わって後片付けをしながらも深夜までマルちゃんとお茶談義が続いた。
ほんとうは、イベントが終わってからのお茶談義のほうが面白いので、そこをみなさんに公開したいけれど、イベント中にその面白さをシェアしようとしたら、テレビのバラエティー番組の司会者みたいなスキルが要るよな。
今回のイベント中にちょっとそのチャンスがあったのは、2日目に好日居の喫茶と勘違いして来られたお客様3人を迎えたとき。
ひとりは妊婦さん。あとふたりはお母さんと赤ちゃん。
好日居の喫茶ならきっと親切な態度で断っていると思う。静かにしなければならないから。でも我々はWelcome!
「妊婦でもお茶飲んで大丈夫ですか?」
それが最初の会話だった・・・。
どうなるのかわからないコントロール不能な展開を、マルちゃんと自分なら面白くできるはず。
他のお客様が内心ドキドキしている雰囲気もどこか可笑しくて、もしもここでマルちゃんと目が合うとワハハと笑ってしまうと思って、そうならないように自分は茶席から離れてマルちゃんひとりに任せたけれど、あのときがチャンスだった。もっと思わぬ方向へ展開させて盛り上がったかもしれない・・・と、ちょっと後悔。
マルティン・アキ
茶杯
マルティン・アキさん(マルちゃんの奥さん)とマルちゃんの茶杯


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM