プーアール茶.com

丁家老寨紅餅2019年・秋天 その1.

采茶 : 2019年11月19日
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)丁家老寨古茶樹
茶廠 : 農家+店長
工程 : 雲南紅茶
形状 : 餅茶
保存 : 乾倉
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : チェコ土の茶壺+景徳鎮白磁の茶杯+銅瓶+電熱
丁家老寨

お茶の感想:
丁家老寨に行ってきた。
狙いどおり。
秋の終わりのお茶をつくった。
夏の雨季が終わって、乾季の冬になるタイミング。
晩秋の最後の一日。
2019年最後の一日。
11月19日がその日だった。
ちょっと狙いすぎて、新芽・若葉が残りわずかすぎて、アルバイトを雇うまでもなく農家の家族と自分あわせて4人で一日で摘みきってしまった。
製茶したら2.6キロくらい。
180gサイズの餅茶にしたら14枚にしかならない。
けれど満足。
一度はやっておきたかったのだ。
過去にもこのタイミングを狙ってきたが、確信できる感じじゃなかった。
今回はまちがいない。どう見てもこの日が最後だったし。
丁家老寨にはもう何度も通っているから、この茶地のことをよく知っている。
茶地
采茶
茶地
采茶
新芽
若葉
ここに遅くまで新芽・若葉が残っているのは、ものすごくカンタンに言えば乱獲の副作用である。
近年、栽培化がすすんでいるせいだ。
手つかずの自然に育つのが理想だから、その逆。
理想ではないけれど、栽培化がすすむことで生じる性質がある。
3月の早春や11月の晩秋のタイミングで収穫できるのも、栽培化がすすんだ茶樹だから。
その逆で、原生林の森の中に育つ茶樹で、誰にも采茶された様子のない手つかずのものは、4月の中旬から下旬にかけて年に一度だけ新芽を出す。秋は出るときもあれば出ないときもある。それだけ。
足の支え
先端の新芽・若葉が人に摘まれて、脇芽が出て、枝が増えて、茶葉が増える。
摘めば摘むほど茶葉が増える。そういう性質がある。
年々人が摘んでいる茶樹は新陳代謝が上がっている。
一般的に秋のお茶の収穫は9月からはじまって10月末には終わる。しかし、実際のところは11月にもわずかに残っている。少なすぎて、一日摘んでもふだんの3分の1も採れないので労働効率が悪い。
農家はやりたがらない。
ただ、自分の場合は2.6キロできれば上等。農家もそれを知っているから負担にはならなかった。
帰り道
萎凋
萎凋
揉捻
紅茶
紅茶にした。
2日かけて天日で乾燥させた。
持ち帰って圧餅した。
蒸し
圧し
餅茶
紅茶
むちゃくちゃ美味しい紅茶になった。
予想をはるかに超える美味しさ。
バンザーイ。

ひとりごと:
業務連絡。
12月のイベントのことで、10月にメールをもらってすぐに返信したけれど、その後音沙汰なし・・・。迷惑メールボックスに入っているのじゃないかな。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM