プーアール茶.com

刮風秋水紅餅2018年 その4.

製造 : 2018年10月18日(采茶)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)刮風寨茶王樹
茶廠 : 農家と店長
工程 : 紅茶
圧餅 : 2018年10月25日
形状 : 餅茶180gサイズ
保存 : 熟成壺
茶水 : 京都の地下水
茶器 : 宜興の紅泥の茶壺・チェコ土の杯・鉄瓶・炭火
鉄瓶
葉底

お茶の感想:
朝起きてすぐ昨晩のつづき。
高幹のお茶を飲む。
昨晩、眠れないと思って本を読んだらすぐ寝てしまった・・・。本を読むチカラが衰えているのだ。脳の老化で。
肯定的に考えると、高幹のお茶はたくさん飲んでも眠れる。ということになる。
残り惜しんで3煎ほど時間をかけて抽出したが、さすがにもういいかな。20煎は余裕で超えている。
熟成壺
秋水紅餅
さて、今日はこのお茶。
+【刮風秋水紅餅2018年】
熟成壺に入って一年。
熟成壺の餅茶の包み紙がしっとりと感じる。
茶葉も多少はしっとりしているはずだが、あんがいパリッとしている。
10年以上前に、上海で老茶を扱っていた頃は、蔵出しのお茶は湿っているのがよくあった。
その場合は、少なくとも1ヶ月ほど常温で乾燥させてから出品するのだが、この熟成壺の場合はそこまでしなくてよいかと思う。
茶葉の乾燥度には、けっこう個人の嗜好の幅があるので、あらかじめベストな状態に調整することに意味がない。
個人がおのおのの好みに調整するのがよい。
例えば、ちょっと湿っていると感じたら、40度から50度くらいの柔らかい熱にあててゆっくり乾かしてみるとか。もちろん天日干しでもよい。
例えば、ちょっと乾燥しすぎていると感じたら、部屋の常温の通気のある状態で3日間ほど放置してみるとか。
多少、経験が必要になる。
餅茶一枚ごと実験して失敗したら痛いから、まずは崩した少量でやってみるとよい。
茶葉をむき出しにはせず、紙とか布とかで包むこと。
茶葉
茶葉のコンディションを自分で調整できないと、熟成モノを楽しむことはできない。
例えば、餅茶一枚ごと買って、密封できるプラスチックバッグに入れて、ちょっとずつ崩して飲んでゆくにしても、何度も袋を開け締めして数カ月後には餅茶はしっとりしてくる。
それで風味が落ちたから、このお茶は熟成向きじゃない・・・なんて判断する人の手元にお茶が届かないようにするのが仕事。
ひそかにいい仕事をしているのだ。みんなの知らないところで。
秋水紅餅
このお茶『刮風秋水紅餅2018年』は、熟成によって得たものと失ったものがある。
とくに香り。香りの新鮮味。
新鮮味を留める。時間にブレーキを掛ける。
この技術は、焙煎にある。
烏龍茶とまではゆかなくても、中国紅茶や白茶のほんのり焙煎の技術は、その点ですばらしい。
しかし、それはこのお茶のそもそもの狙い所ではないのだから、香りが変化するのはよいけれど、多少個人の好みに調整できる。それが保存時の乾燥ということになる。
西双版納でお茶づくりをしている茶友の北京人は、かなり湿った風味を好む。
なので、彼の倉庫は西双版納にある。
北京人
北京や中国の東北地方の多くの街は、冬は寒いので街中に熱湯管を巡らせたセントラルヒーターが稼働する。
そうなるとビル一棟ごと温められてしまう。そこに住む個人は、茶葉倉庫用の部屋ひとつだけ常温に保ったとしても、かなり乾燥した状態になる。ビル全体から水分が逃げたがっているのだから、ひと部屋だけしっとりさせるなんて無理なのだ。
そこに保存した茶葉は、乾燥してカラカラした口当たりと喉越しになって、同じくカラカラした部屋で飲むことになって、美味しくないらしい。
ところがこれを西双版納にもってくると、美味しいのだな。
つまりその逆で、西双版納で湿ったのを北京にもってゆくと、美味しいらしいのだ。(自分は北京に行ってその味を確かめていないからなんとも言えないが、あまり好みではないことは確かだ。)
とうことなので、ある程度個人が調整できたほうがよい。
熟成壺のはちょっとだけ湿って熟成しやすい状態を保っているから、個人が手元で乾燥させるなり、そのまま楽しむなり、好きにしたらよいと思う。
葉底
この紅茶が、どんな香りか味かというのをどこにも書いていなかったな。
説明ページにも書いていなかった。
森の霊気感がすごいけれど、霊気って透明で見えないように、味や香りもあまりはっきり姿を表さないのだよな・・・。でも、そこにいる・・・ってわかる。
いや、自分がそっちに行っているってわかる。そのときの茶王樹の森にいるのがわかる。
”私”のない状態になると、時空の概念はいともカンタンにゆがめられる。

ひとりごと:
肩のひどい痛みは、亜脱臼ではなかった。
ということにする。
たぶん、若い整体の先生はそういうふうにもっていったのだ。
ひとことも病名を言わない。患部を指摘しない。
全体のバランスのどことどこに関連ポイントがあるというのを教えてくれて、マッサージしたり運動したりで整えただけ。
もちろん痛みはすぐに治まらない。
けれど、改善の方向に向いていると実感している。若い整体の先生はその方向をはっきりさせてくれた。
それで十分。
もしも大学病院に行って、MRIを撮って靭帯の損傷を見つけたら、病名が付いただろう。
下手したら手術することになったかもしれない。
そこまでゆかなくても、痛み止めや関節を軟化させるクスリを飲まされたかもしれない。全体のバランスとは関係なく。
自から治ろうとするチカラを発見するって大事だ。
”私”のないところでチカラが働いている。”私”もそれに協力する。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

お取り寄せについて

開店中
+【お取り寄せについて】
※開催時期をメールにてお知らせするサービスは終了しました。
(2019年2月)

お問い合わせ

【当店にメール】

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM