プーアール茶.com

刮風古樹青餅2018年・黄印 その5.

製造 : 2018年4月11日・13日(采茶)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)刮風寨茶坪
茶廠 : 農家と店長
工程 : 生茶
形状 : 餅茶180gサイズ
保存 : 熟成壺
茶水 : 京都の地下水
茶器 : 宜興の茶壺・チェコ土の茶杯・鉄瓶・炭火
茶箱
崩し
餅面
茶葉

お茶の感想:
熟成壺に入ってから1年半め。
緑印につづいてこのお茶も出品することにした。
+【刮風古樹青餅2018年・黄印】
壺に入れていた崩しかけの一枚を取り出して、3日かけて3回に分けて飲んでみた。
泡茶
茶湯
何度やっても、
一煎ごとに甘いか苦いかのどちらかになる。
やや淡く淹れると甘い。やや濃く淹れると苦い。
なぜか、その中間にはならない。
甘い苦いが五分五分にはならない。
錯覚が関係しているのかな。ほんとうは存在しない味を見てしまっている・・・。
ま、甘くても苦くてもそれなりによいから、あまりシビアに考えなくてもよいだろう。
緑印のほうはそこまで極端に振れることはない。その点で安定している。
熟成壺に入れて10年目くらいから飲みはじめてほしい感じ。
葉底

ひとりごと:
お茶を熟成させる一番のコツは、忘れること。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM