プーアール茶.com

刮風秋水紅餅2018年 その5.

製造 : 2018年10月18日(采茶)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)刮風寨茶王樹
茶廠 : 農家と店長
工程 : 紅茶
圧餅 : 2018年10月25日
形状 : 餅茶180gサイズ
保存 : 熟成壺
茶水 : 京都の地下水
茶器 : 宜興の紅泥の茶壺・チェコ土の杯・鉄瓶・炭火
水
茶器

お茶の感想:
「たった3gですごい強い酔いでした・・・。」
と、お客様から報告があった。
ん?
と思って、試してみた。
国有林の森の古茶樹で、秋の采茶で、静かで穏やかなはず。
葉底
一煎めを淹れたときに原因がわかった。
茶葉を温度に慣らしていなかったのだな。たぶん。
カラカラに乾いて、しかも冬だから冷えている茶葉に、いきなり熱湯を浴びせている。
温度の差異に繊維が耐えきれない。
耳を近づけるとブチブチ切れる音がするはず。
注ぎ
紅茶は長時間の揉捻で繊維が解けた感じになっているから、さらに繊維が切れ切れになると一煎めにドッと成分が出てしまう。
茶葉をすこし温めるとか、茶壺の中でちょっと蒸らすとか、熱湯のショックをやわらげるウォーミングアップが必要なのだ。
一煎めのショックが少なくて荒れなければ、二煎め三煎めも安泰。お茶の味だけでなく体感も心の動きも安泰。
茶湯
茶葉のウォーミングアップのみならず、お茶を淹れる技術は、空手や剣道のような”型”として覚えたほうがよいだろな。
理屈でそれを覚えようとしたら、多方面にわたる科学を膨大に勉強しなければならなくて、脳が混乱して現実的じゃない。
どんなお茶を淹れるときも、とにかく器を温める。器の蒸気で茶葉を蒸らす。
この手間をかける時間が心を整える時間になる。
いつも同じ動作。同じリズム。
準備を整えてから一煎めの湯を注ぐ前に、目を閉じて静まるのを待つべし。
良い道具、良い茶葉、良い水、それよりも大事なこと。
葉底を観察するのも”型”のうち。
葉底
うまく淹れたときと、そうでないときと、違いが現れる。
今回のはいまいち。
粉砕された茶葉が多いのはもともとだから仕方ないとして、カタチの残っている茶葉がのびのびとしていない感じ。

ひとりごと:
この人にこのお茶。
そのつながりがしっかりしてきたと思う。
好みの味である必要などない。
コストパフォーマンスが良い必要もない。
上等を知る必要もない。
もっと大きな成果が隠れていて、これからゆっくり湧き出てくる。
この人にこのお茶に意味ができる。
この人にしかわからない意味になるけれど、それで十分。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM