プーアール茶.com

刮風八樹青餅2018年 その2.

製造 : 2018年4月11日・13日(采茶)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)刮風寨茶王樹
茶廠 : 北京の茶友と瑶族の農家
工程 : 生茶
形状 : 餅茶192gサイズ
保存 : 茶箱
茶水 : 京都の地下水
茶器 : チェコ土の茶壺・杯 鉄瓶・炭火
竹
雨
石

お茶の感想:
このお茶。
+【刮風八樹青餅2018年 その1.】
餅茶
一煎めは白泥の茶壺を試したが、土味が強くてダメだった。
この茶壺は入手してからほとんど使っていない。
茶葉で煮て開壺はしたけれど・・・。失敗だったかな。
鉄瓶
いつものチェコ土の茶壺に茶葉を移してつづき。
いち
にい
三煎まで土味がついてきた。
四煎めからキレイになった。
雨がやんで日が射してきた。
茶湯
それならこれはどうだ。
義興の朱泥の秋水(という種類の土で焼いたもの)に茶葉を移して、瓶掛の脇でちょっと温める。
鉄瓶
注ぎ
茶湯
水の質感。お茶の韻。
細かいツブツブの輪郭がはっきりしていて、何層にも深くて、柔らかくて、ゆらぐ波がゆったりしている。
チェコ土のはもっと直線的で、入り口はあっさり。さざ波のような騒がしさがあるけれど、残像のようにさざ波が残って忘れようにも忘れられない刺激がつづいて、出口がない。

ひとりごと:
ぼーっとして言葉が出ない。
坐禅した後のような感じ。
あっち側から戻ってくるのにちょっと時間がかかる。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

お取り寄せについて

臨時開店中
+【お取り寄せについて】

お問い合わせ

【当店にメール】

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM