プーアール茶.com

丁家老寨青餅2012年 その18.

製造 : 2012年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)丁家老寨古茶樹
茶廠 : 農家+漫撒工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 上海 紙包み 竹皮包み
茶水 : 京都の地下水
茶器 : 保温ボトル 鉄瓶・
樹
森

お茶の感想:
お茶を飲む前にわざわざ汗をかく。
そしたら若い生茶の濃いのが飲める。
ガツンとしたやつをガブガブ飲める。
飲んでも飲んでも茶毒に当たらない。寒くなったり、眠れなくなったりしない。
お茶ファンの夢が叶った。
茶湯
このお茶。
+【丁家老寨青餅2012年】
保温ボトル2つ。
ひとつはいつもの濃さ。
もうひとつはかなり濃いめ。苦くてバランスが悪い。
比べてみたら、山の上ではかなり濃いめのが美味しい。
バンザーイ。
長め
帰り道

ひとりごと:
春の茶摘みの第一波終わる。
やはり現場に行かないとつまらない。
自分が楽しめなかったら、仕事ってなんなの?
というくらい社会性のない仕事なのだよな。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

お取り寄せについて

臨時開店中
+【お取り寄せについて】

お問い合わせ

【当店にメール】

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM