プーアール茶.com

刮風生態青餅2018年 その7.

製造 : 2018年4月11日・13日(采茶)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)刮風寨小茶樹
茶廠 : 店長と茶友たち
工程 : 生茶
形状 : 餅茶180gサイズ
保存 : 熟成壺
茶水 : 京都の地下水
茶器 : チェコ土の茶壺・茶杯 鉄瓶+炭火
茶器

お茶の感想:
眠りに入るときに、脳が先に夢を見だしている。
まだ完全には寝ていないから意識はある。手足を動かそうとしたら動く。
しかし、手足に意識を向けたとたんに夢は消える。
お茶の夢を見たいなら、香りや味を追いかけないこと。
森の生態環境のよいお茶を選ぶこと。
1杯か2杯飲んだら、森の気が身体に流れる。
夢を見るように身をまかせて漂う。
酔うがままになる。
黄昏時にこのお茶。
+【刮風生態青餅2018年】
茶葉
若い茶樹なので、煮やさないほうがよい。
ペタンと平たい茶壺か、蓋碗にしたほうが無難だけれど、その逆をゆくチェコ土の重たい(厚みがある)茶壺にした。
白い色ので淹れてみたかったのだ。
汚れた身体をキレイにするつもり。
注ぎ
煮えないようにやさしく、低い位置から注ぐ。
工夫といったらそのくらい。
熱湯の温度を下げるのはあまり好かない。沸いている湯のイキイキした感じを茶葉に伝えたい。
注ぎ
水にいちばん近いお茶。
熱々なのになぜか冷たい口感。
ほんのり桃っぽい香りの他には姿が見えない。
味がしないのではなくて味が見えない。
茶湯
これといった旨味もなければ、気に障る濁りもない。
溶けて消える雪のよう。
透明度の高い湖の底を覗いたときに、自分が水面より上にいるのか下にいるのかはっきりしないような、吸い込まれてゆくような、あの浮遊の感覚。
お茶の酔いが回っている。
刮風寨古樹の緑印や黄印よりも、無い味という観点では美しい表現かもしれない。
舌にくる美味しさを期待したら、期待ハズレになる。
そこに意識を向けたら酔いが覚める。
電灯をつけないまま、暗くなってゆく夜を味わう。
夜の茶壺
鉄瓶

ひとりごと:
酒の酔いはみんなでシェアしたいけれど、茶の酔いはひとりがいいな。
オフラインでいいや。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM