プーアール茶.com

老撾高幹龍珠2019年・秋天 その5.

製造 : 2019年10月20日から27日(采茶)
茶葉 : ラオス・ポンサーリー県・孟臘県漫撒山(旧易武山)天門山寄り
茶廠 : 瑶族の農家+義烏人
工程 : 生茶
形状 : 龍珠 約8.5g
保存 : 密封
茶水 : 京都の井戸水
茶器 : 宜興の茶壺・チェコ土の杯・鉄瓶+炭火
鉄瓶
龍珠

お茶の感想:
黄昏どきのお茶。
このお茶。
+【老撾高幹晒青茶2019年 その1.】
美味しさと気持ちよさでクラクラくる。
液体の身体へのなじみがよくて、いくらでも杯がすすんで煎がすすんで、お腹に吸収されたお茶はどこへ行くのだろう?と不思議に思うくらい、もっともっと飲みたい。
鉄瓶の湯を足して、沸かして、淹れて、また足して、沸かして、淹れて。
窓の外がだんだん暗くなってゆくのに、部屋の中だけ時間がすすまない。
そんな感覚。
水かけ
茶葉
ライト
杯
このごろあんまり面白い話をしようと思わない。
人と会っていても、会話のはずまない感じが、ちょっといい感じ。
誰かの話を聴きながら、頭の中にはあんなことこんなことが浮かんできても、あえて黙ってみる。
会話が途切れてシーンとする瞬間。
たいして面白くない人に見えているであろう自分。
この味わい、いい。
クラクラくる。

ひとりごと:
鉄瓶
虹
内側の虹色がけっこう早く復活してきた。
全体的に艶が出てきた。
よかった。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM