プーアール茶.com

版納古樹熟餅2010年 その45.

製造 : 2010年7月
茶葉 : 雲南省西双版納州巴達山曼邁寨+章朗寨古茶樹2009年秋茶
茶廠 : 農家+孟海県の茶廠
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 熟成壺
茶水 : 京都の地下水
茶器 : 宜興の秋水の茶壺・チェコ土の杯 鉄瓶+炭火

お茶の感想:
古物の鉄瓶をまたひとつ入手した。
思ったよりもいい感じ。
鉄瓶
ホンモノなら昔の釜師のつくったもの。
一見どうってことのないよくあるカタチだが、細部の作り込みがさり気なく徹底的である。
入手したてのときは、内側の表面がかなりサビていた。
擦って落として、茶葉で煮て、新しく黒鉄の皮膜をつくったら復活した。まだまだ現役でいられそう。たぶん自分のほうが先にくたばるだろう。
注ぎ口を覆うようにこびりついた湯垢を細いヤスリで丁寧に削っていたら、ボロっと割れて落ちて、中から元の姿のシャープな角度の注ぎ口が現れた。
水の落ち方が繊細で美しい。
湯を沸かしてみても違いが現れる。
例えば、湯気のユラユラに粘りがある。
水かけ
内側
意図的に作られたのかどうか知らないが、内側の表面がややボコボコと荒肌である。それが効果を生んでいると思われる。
ひとつ増えたから、ひとつ減らしてもよい。
良い道具を、わかる誰かに譲ってゆきたいが、それがあんがい難しい。
道具の個性とその価値を理解するのに時間がかかるから。
そこをカンタンに伝えようとして空回りして、下手をしたら意地悪な結果になる。
そんなことになるくらいなら、自分ひとりで楽しければいいや・・・と、閉じこもる。
このお茶。
+【版納古樹熟餅2010年】
茶壺
湯呑み
このごろ背の高い湯呑みを使う。
熱は上に向かうので、熱の通り道になる湯呑みの表面はカンカンに熱い。すぐには持てない。なかなか冷めない。
イライラするよな。
しかし、いろいろ試した結果、このお茶にはこれが一番にいたる。
湯の温度、味の出方、手の持ち味。
手に持ってやさしい熱になるまで待たなければならない。
待ち時間がこのお茶の絶妙な味をつくる。
湯呑みの中での待ち時間の分、茶壺での蒸らし時間を短めにできる。そこがポイント。茶葉を煮やさないで済むこと。
湯呑みで湯の温度がゆっくり下がりながら、茶葉の成分が水に溶けて化学反応がすすむ。
注ぎ
手
新芽・若葉で構成された熟茶は、煮やすとはじめの3煎めくらいまでの美味さを逃してしまう。煮やさないようサッと湯を切っても、杯の中で温度が急に下がると化学変化のすすむ時間が短かくなる。
背の高い湯呑みだからこその絶妙のバランス。
それがなぜか?という説明をしだすと長い長い理屈をこねて疲れるからやめる。
十年かかって学んだことだから。
結論、このお茶は背の高い湯呑みで飲むべし。
面倒だからそれだけ伝える。
誰かがそこだけ試してみて、湯呑みを持ったらアチっ!となる。
間違って茶壺で煮やしたのを注いで、よけいに煮える。
そんなに待てないシチュエーションでお茶を飲んでいるかもしれない、例えば、子供のいる家族とかには向かない。
他の熟茶でうまくゆくわけでもない。製法が違ったり茶葉の構成が違ったりすると結果は異なる。
背の高い湯呑みはちっとも良くない。
勘違いで誤解されて評価を下げる。
やっぱり、自分ひとりわかればいいや・・・と、なる。

ひとりごと:
自己評価よりも他人の評価が低いときの、その味わい。
いいよな。
ホッとするというか、どこか安心できる。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM