プーアール茶.com

版納古樹熟餅2010年 その46.

製造 : 2010年7月
茶葉 : 雲南省西双版納州巴達山曼邁寨+章朗寨古茶樹2009年秋茶
茶廠 : 農家+孟海県の茶廠
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 熟成壺
茶水 : 京都の地下水
茶器 : 白磁の蓋碗・チェコ土の杯 鉄瓶+炭火
蓋碗

お茶の感想:
昨日、この茶葉は煮やしてはいけないと理屈をこねたので、煮やしにくい蓋碗を試す。
このお茶。
+【版納古樹熟餅2010年】
餅茶を一枚分ずつ崩して陶器の壺に入れている。
茶葉
1ヶ月でまろやかになる。
2ヶ月で透明感がでる。
3ヶ月でお香がかすかに薫る。
微生物発酵の熟茶は、もとの茶葉にはなかった成分を微生物がつくりだして、その成分が熟成変化するから、味の変化が早いというか、わかりやすい。
500円玉くらいの大きさに崩して壺に入れているが、さらに指で細かくして、サッと湯を通しただけで抽出さるようにする。500円玉のままでは成分が出てくるのに時間がかかり、煮やしてしまうから。
崩し
白磁の蓋碗は茶葉を裸にする。
よく見える。
香りが立つ。
味の輪郭がはっきりする。
味や香りの要素のつぶつぶの粒子が混ざらずに原色のまま光る。
昔のブラウン管テレビの画面を近くで見たときの三原色の粒みたいな感じ。
カラー
試しに蓋碗からそのまますすってみると、いろんな味や香りがバラバラのまま飛び込んでくる。
混ざらない。
まとまらない。
気持ちもどこか落ち着かない。
やはり茶杯の中で溶け合ってもらわないと。
注ぎ
溶け合って姿を消す。
液体のトロトロした感じや舌に甘い感じが、茶葉の栄養の豊富さを表しているが、無い味。
この矛盾の味。
茶葉を煮やさない蓋碗の効果なのか、無い味が強調された気がする。
隠れた姿を追いかけて2杯も飲むと、茶酔いが回ってきて地球が回る。
3煎でピークを超える。
湯呑み
新芽・若葉が多く、しかも茶葉の繊維がモロくなるほどしっかり微生物発酵しているこのお茶は、これでいいのだ。
お酒でいうと大吟醸中汲みみたいな位置づけだろうか。
3煎ですべてを出し切るスプリンターでよい。
3煎で終わる。その名残り惜しさで茶酔いを噛みしめる。
4煎めには落ちる。
もちろんまだ飲める。もったいないから、保温ボトルに茶葉を移して熱々の湯を注いでじっくり煮やして、水分補給のお茶にでもする。
葉底

ひとりごと:
茶酔いよければすべてよし。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM