プーアール茶.com

蛮磚古樹青餅2020年 その1.

茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県象明蛮磚国有林古樹
茶廠 : 農家と茶友
采茶 : 4月29日
工程 : 生茶
形状 : 餅茶200gサイズ
数量 : 十数枚
保存 : 茶箱
茶水 : 京都の地下水
茶器 : 宜興土の茶壺(紫砂)・チェコ土の杯 鉄瓶・炭火
国有林
国有林
茶樹

お茶の感想:
刮風寨の茶王樹のと同じ茶友がつくったもうひとつのお茶。
孟臘県には刮風寨のある漫撒山と、もうひとつ象明の蛮磚に国有林のエリアがある。
どちらも2019年から周辺の村人しか入れないようになったが、そんなことしたら茶商は采茶の現場が見れなくて、農家の騙し放題になって、仕事にならない。
許可証を発行するなど、調整されると見ているが、外国人である自分は面倒なので、しばらく近づかないようにする。
蛮磚の国有林のお茶は、北京の茶友がこの数年つづけてつくっていて、ときどき飲ませてもらっていた。
+【蛮磚古樹青餅2018年 その1.】
昨年は景洪市で知り合いになった茶商もはじめて手掛けて、サンプルをもらった。
+【蛮磚古樹晒青茶2019年 その1.】
なので蛮磚国有林ならではの味を知っていて、なんとなく自分の好みではないので、あえて追いいかけはしないが、同じエリアのお茶を試飲する機会が重なると、上等がわかってきて楽しい。
2020年のこれは若い茶友の自己評価も高いので、ちょっと期待する。
包み紙を空けて餅面を見た瞬間、オッ!と思った。
なかなかいい感じ。
茶葉がやや小さめで柔軟性や茶漿の粘着力が見てとれる。
餅面表
餅面裏
茶王樹のと同じ工房で同じように圧餅しているのだから、餅面に現れる違いは茶葉の質や成分の違いである。
泡茶
葉底
采茶のタイミングはバッチリ。
早春の燃えるような生命感を捉えている。
早春の柔らかい茶葉の成分は、お茶の水質に現れる。
杯を口にもってきて、茶湯が唇や舌に触れるか触れないかの瞬間にすでに”甘い”と感じる。
お茶の味の甘さが感じられるより先に甘いのは錯覚の甘さなのだ。
煎がかなり続いても、水質のきめ細かさが落ちない。粗くならない。
いつまでも甘い水が抽出されるので、ずっと飲んでいられる。
蛮磚国有林のお茶の味はちょっと重い。
苦味がしっとりしていて甘味はまったりしていて、漫撒山のと比べると涼しさがない。香りが弱い。
しかし、味に反して茶酔いは軽い。
沈むような感じではなく、横に広がるような感じ。
身体との親和性が高いのかもしれない。
茶友が送ってきた揉捻のときの写真を確認したら、やはり良い感じが現れていた。
茶葉

ひとりごと:
国有林の奥地にある森の茶樹は、采茶のタイミングを計るのが難しい。
春茶で忙しいときに遠くまで毎日足を運ぶわけにもゆかないし。
例えば週一くらいにして様子を見て、「そろそろなので5日か6日後くらいに天気が良ければ人員を手配して森に入るかな・・・・」、と、アバウトに決める。なので農家が意図したよりも早いタイミングに当たることもある。
また、山によっても異なる。
西双版納の西側の孟海県の山は、采茶のタイミングが早くはじまる。
おそらく農家一軒あたりの産量が多くて、采茶のアルバイトが足りなくて、早めに采茶をはじめなければ間に合わなくて摘み残してしまうのだ。
星のめぐり天気のめぐりも合わせたら、コントロールできるものじゃない。
それでも、なんとかしたいわけだ。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM