プーアール茶.com

版納古樹熟餅2010年 その47.

製造 : 2010年7月
茶葉 : 雲南省西双版納州巴達山曼邁寨+章朗寨古茶樹2009年秋茶
茶廠 : 農家+孟海県の茶廠
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 茶箱
茶水 : 京都の地下水
茶器 : チェコ土の茶壺・チェコ土の杯 鉄瓶+炭火
餅面
竹皮

お茶の感想:
口内炎ができた。
自分のバカを棚に上げて言うと、バカにつけるクスリはない。
飲みすぎた酒の酔いをお茶で醒ますとか、太るほど食べておいてお茶でダイエットするとか、みんな根本的に間違っている。
お茶のクスリを利用するには、自分で自分の身体に向き合って、じわじわ勉強するしかない。そこを勉強していたら飲み食いし過ぎるはずがない。
このお茶。
+【版納古樹熟餅2010年】
一枚崩した。
崩し
崩し
熟成がすすんだ。
2020年の夏は、中国南部も日本も雨が降り続いて、茶箱の中の茶葉も水を吸ったり吐いたり、繊維の呼吸が深かったと思うのだ。
茶箱の中には竹皮が上にも下にも横にも敷いてあって、このミクロの繊維が空気や水の流通をよくしていた効果もあるにちがいない。もしかしたら、竹皮の表面にビッシリついている乳酸菌類の酵素もなんらかの作用をもたらしたかもしれない。
今年の冬と比べると、なにかが変わった。
注ぎ
風味においての熟成変化は、同じところを行ったり来たり螺旋状にすすんでゆくものだから、またつぎの冬には後戻りしたように感じることも多いのだが、新しく出てきたクスリ感は、たぶん戻らないだろう。
なにが新しいかと言うと、身体に熱のこもる感じがしなくなったこと。
生茶ほど涼しくはないが、一般的な熟茶ほど暑苦しくもない。
薄茶
風味にもチカラの抜けた感じが現れていて、濃く淹れても薄く淹れても、それぞれの風味でありながら、濃さも薄さも感じさせないバランスになる。
陽から陰の感じの茶酔いになってきているのも、もしかしたら関係しているかもしれない。
長年熟成したお茶は中性になってゆくらしく、例えば生茶なら涼しさが失われてゆくが、寒さもなくなってゆく。
いや、正確には、その両方が共存しているような感じになる。
この熟茶の場合、温かさと涼しさとが共存している。
淹れ方や飲み方しだいで、どちらかのクスリを選択することができるのか、これから探ってゆく。
壺

ひとりごと:
口内炎のときは身体の熱を取る苦丁茶がよい。
モチノキ科の葉。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM