プーアール茶.com

丁家老寨の山と谷

いくつもの山を越える長距離バスに朝から晩までゆられて、疲れきってアパートに帰って来た。シャワーをして、メールチェックをして、座布団に横になったらすぐ寝てしまって、目が覚めたら夜になっていた。
もしかして夢だったなんてことは・・・と、里山の景色を思い出して不安になってきた。現実にしては美しすぎるような・・・。

易武山丁家老寨

丁家老寨の夢


出来立ての晒青毛茶を持って帰ったはずだ。
探したらすぐそこにあった。袋から出したら、やっぱりあのお茶の香りがする。
台所になにやら臭うのがあるので見たら、火腿や大蒜、漬物に腐乳、そして豆鼓の干したやつが置かれていた。そうだ、案内してくれた国境の公安の友人が代わりに運んでくれたのだった。
農家がプレゼントしてくれたのを、いっしょに運んだらお茶に臭いが移ると言って断ったら、黙って持って来てくれたのだ。

易武山丁家老寨

易武山丁家老寨


行ったところは「丁家老寨」(ディンジャーラオザイ)。
易武山のプーアール茶の隠れた歴史のあるところ。
カメラからSDカードを出してパソコンに入れたら、無事に写真が出てきた。
やっぱり行った。ついに行ったぞ。このチャンスを1年も待ったのだ。
いっぺんにいろいろ思い出してきて頭がボーっとして、なにから順番に話したらいいのかわからない。

易武山丁家老寨

丁家老寨

老人


1950年代までの茶摘みの技術が、丁家老寨にはまだ残っていること。
昔は殺青・揉捻の後、一晩渥堆発酵(菌類のかかわらない茶葉の成分変化による紅茶づくりに似た発酵)をさせていたこと。
1800年代末期から1950年代にかけて、丁家老寨のお茶はラオス経由でベトナムへ運ばれ、フランス領インドシナのフランス人に売られていたこと。
その他にもいろいろ大事なことがメモに残っている。
丁家老寨で七代目の87歳になる漢族の元気なおばあちゃんの話を聞いたのだった。
農家と一緒に茶摘みをして、手の感覚にある技術と理論を解説してもらったのだった。
一晩渥堆発酵させてつくったお茶を、標準的につくったお茶と味比べをしたのだった。
山菜を肴に白酒を飲んで夜遅くまで農家と昔のお茶の再現方法を探ったのだった。
山と谷の高低差に生まれてくる風を、寝泊まりして肌で感じたのだった。

丁家老寨

丁家老寨

丁家老寨

詳細はこれから徐々に紹介してゆくとして、
ここの土地がとても幸せな感じがするのをはじめに感じた。その印象を忘れないようにしたい。たぶん隠れた知恵がまだまだある。
お茶づくりの次のステップがはじまった気がする。

関連する記事

茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM