プーアール茶.com

タイの精進料理
昨年のこと、
タイの東北部の町にいたときに「素食週間」というのがあって、10日間くらい(だったかな?)は精進料理を食べましょうということで、あちこちで「齋」(ものいみ)と書かれた目印の黄色い旗を見た。

中国の精進料理の流れをくんでいるみたいだが、見ても食べても肉や魚であるかのような模倣料理のそれよりは、例えば肉のかわりに揚げ豆腐を入れたグリーンカレーみたいに、素材だけを置き換えた家庭料理が多かったと思う。
それがあんがい美味しくて、
グリーンカレーは肉が無くてもよかったのか・・・と、ちょっと騙されていたような気がするくらいタイ風味の精進料理は特別な感じのしない美味しさだった。
そこで試しに精進料理三昧で過ごしてみることにした。
肉を断って、ついでに酒も断ってみた。

すぐにわかるのは食後感。
野菜ばかりだからけっこう腹いっぱい食べても胸やけしないでいられる。
そして3日目くらいから明らかに身体が軽くなり、気持が穏やかになる。あまり重たく考えなくなる。まるで生まれ変わったみたいなのだが、実際に生まれ変わっているのだ。細胞のレベルで。
毎日肉を食べて酒を飲んでいるときの自分と、精進料理を食べてお茶だけを飲んでいるときの自分。おそらく他人から見ても印象が変わっているにちがいない。

そうすると、
ハンバーガーにステーキにドーナッツにコーラーにコーヒーに砂糖入りオレンジジュースの国の人々が、容姿だけでなく性格や思考パターンにもある種の傾向が現れていてもおかしくない。
炭水化物とタンパク質のボリュームでお得感をつけて、水栽培で育ったかのような貧相な野菜が彩りのためだけに添えてあるオフィス街のランチを毎日食べている人たちもしかり。

僕が若い頃ならこう思っただろう。
精進料理みたいな力の出ないものを食べていたら、チベットの坊主みたいに穏やかになってしまって、社会についてゆけなくなる。
でも今ならこう思う。
川に飛び込んで集団自殺するネズミの大群みたいな社会についてゆかないためにも、彼らと同じものは食べない。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

お取り寄せについて

開店中
+【お取り寄せについて】
※開催時期をメールにてお知らせするサービスは終了しました。
(2019年2月)

お問い合わせ

【当店にメール】

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM